ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

長沼巡りはいいでしょう。

c0090013_204628.jpg

c0090013_20463895.jpg

心や体が疲れている時に
やっぱりうどんがほしくなります。
天気は晴れていたので
気候は寒かったのですが
冷たいうどんを頂きました。
うめずうどん ごちそうさま。

今回は複数の用事を足しに長沼へ。

一つはうどん。
一つは支払い。
一つは岡部さんの個展を見にぽこぺんさんへ。

岡部さんって・・・・・???
先の時に岡部さんがわからなかったのです。
うどん屋さんの女将さんの個展だったんですねー。
ラスト一日残して滑り込みました。
(という事で終了しております。)
c0090013_20525629.jpg

c0090013_20533159.jpg

c0090013_2125877.jpg


石垣島で拾ってきた漂着物をアクセサリーにしたり
スタンプで詩をバランスよく押してあったり
ろうそくでおうちを作ってあったり
素敵でありました。
うどん屋が終わった後に
深夜ぼそぼそと作っていたそうです。
お金が無い時に工夫しましたと書いてあったのですが、
それをと通り越してセンスでクリエイティブな部分を磨けば
豊かな生活を営める事をみせつけられました。
息子さんが履いていた皮のサンダルとか手作りとは思えませんでした。
好評のあまりに
第二回目の展示会なのでした。

面白かった の。

うどんの画像を見ていたら
食べたくなってまいりました・・・。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-30 20:58 | 長沼巡り

くすみ書房

くすみ書房


c0090013_21391796.jpg


店主の方が落ち着かず
先のカフェでご飯を食べていたのは
くすみ書房でイベント中だったからでしょう。
トクダネのカメラが入ってました。

ここの特徴は
まず、新書であること。
ちょっと難しめな本が多いこと。
おやじのお勧めの本であること。
教育的な書店・・・なのかなーと思いました。

夕方には読み聞かせが
けっこう行われているようで
子供達がわいわいいってました。

なんせ中古本だと思っていったので
一冊も購入せずに帰ってきてしまいました。
ほしい本もあったのですが
資金不足でありました。

c0090013_21413027.jpg


帰り道、琴似の神社前のご神木のような
大きな木が道の真ん中に立ってました。

c0090013_21441171.jpg


ちょっと寒くっても春。
花屋さんが表にお花を出して売ってます。

春ですね。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-29 21:45 | 札幌情報

AMICA フリースペースレンタルカフェ

c0090013_2128976.jpg


西区琴似2条3丁目共栄ビル4F

コンカリーニョから地下鉄までの帰り道に
このカフェがあります。
看板を見逃さなければ大丈夫。
前の記事の
浮き玉リーグがはってあったお店です。

市場の上にあるので
お魚が売りみたいでした。
この日の定食680円。

ベトナムのバッチャン焼きが使われていて
アジアメニューも人気のよう。

フリースペースで個展もたまにやってます。

先にトイレに行きました。
トイレもかわいらしかった。

食事は私も醤油を魚にかけすぎたのですが、
バランス的にちょっとしょっぱめ。
この日のたまたまだったかもしれません。

この先にくすみ書房に行こうと
地図を見ていたら
くすみ書房の店主が現れて(本を納入するのに)
びっくりしました。

c0090013_21344019.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2009-03-29 21:33 | 札幌情報

琴似巡りも浮き玉でした。

c0090013_2373556.jpg


第三回大生活骨董市に行ってきました。
先日事故を起こしたので
地下鉄で移動。
琴似のコンカリーニョが会場でした。

c0090013_23132618.jpg


浮き玉もありました。
小さなタコ漁用のを300円で売られておりました。
一つだけゲット。
名は「川口」ただし、一般的な大きさより小さいので
浅原さんが製造する宝球が
ちゃんと海で活躍したのが
骨董屋さんに行ったものと思われます。

「屯田」なる安藤さんが営む骨董屋さんで
売られておりましたので
もし気になられている方は
札幌市中央区南8条西9丁目754こちらで店舗を構えてますし
豊平神社の骨董市にも出されているようなので
足をお運びください。
売られている大きさで
宝球クラスの小さいものは初めてみました。
この大きさのものは型がないので
職人さんの腕なのですね。

c0090013_23215486.jpg


施設の中にもネコがいる。
ネコを撮影している時に
声をかけられました・・・琴似まで行っても
知人に会います。
おお、縁ですね。

c0090013_2321596.jpg


立ち寄ったカフェで
また浮き玉発見。
んにゃ、椎名誠氏が企画している
野球リーグの名前に浮き玉が入ってます。
北海道には4チームあるそうです。

浮き玉づいていた
一日でした。

詳細は後日とさせて頂きます。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-28 23:25 | 浮き玉

ウヰスキー酒屋 STARMN

札幌市中央区南3条東1丁目"のれん横丁"1F
ウヰスキー酒屋 STARMNにやっとお邪魔する。

アダノンキさんのリンク先になっていて
気にしている酒屋さんだったのでした。
用事があってバスセンター近くまで行ったので
この機会を逃がさぬものか・・・とやっと出陣したのであります。
弔い酒も必要じゃ。

二条市場って実は分かっていないことが判明。
のれん横町・・・知りませんでした。
先に別な店も行ってしまい
一人はしご酒。

シーバス・リーガルをオーダーする。
本日4杯目だったのですが
美味しく頂いた。

のれん横町の奥なので
先客一人。
そのお客さんが帰ってからは
オーナーと私の二人きり。
男の方と二人きりになるのって
やっぱり不思議な感じがします。
ただ無言で酒と音楽に酔いしれる。
萩原朔太郎の「月の吠える」が置いてあったので
ぱらぱらページをめくる。
スケッチブックがメニュー表になっており
やはりぱらぱらめくる。

ソフトドリンクの部分で・・・つぼに入った。
うろ覚えであるがこんな感じ。
ダッチ・コーヒー
フレッシュジュース
なつめ茶
ざくろ茶
ガラナ
最後にカルピス。

帰り際やっと話をしだし
ソフトドリンクの並びが「エロイ」よ。
そう爆笑して去りました。

カウンターに浮き玉あり。
タコ漁用の浮き玉でした。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-22 12:51 | 札幌情報

カテゴリ追加しました。

谷山浩子さんというカテゴリーを追加しました。

だからといって
一人の人に関して書き続けるというわけではありません。
ブログは食べ物関係の専門であることには
間違いはないのですが
この人に関して書くことが多いかもしれませんから
追々過去の記事に関しても
手直ししつつ
カテゴリー編集したりもするんでしょうけども・・・いつになることかな。

現在の谷山浩子さんのブームは
(彼女のブームはけっこうあっと言う間に去るから注意である)
水谷豊さん主演の「相棒」なのですが
及川光博さんが次の相棒らしいとワーイどうなるんだろうって。
ファンの間でもけっこうな話題になってます。

アガサクリスティや様々なミステリーがお好きなようなのですが
長年どうしてかしらんと思っていたけども
(私自身はコナン・ドイルのシャーロック・ホームズで止まっております)
ほけほけと歌を繰り返し聴いていると
「声無きものの声を聴く」
ここらへんの姿勢が
作詞にも現れているので
目に見えないもの
聞こえてこないもの
過去(または未来に起こる)のあった現象を想像し
作品にしているのは
ミステリーと同じかもしれませんね。

相棒・・・ミッチー
受け入れられるのでしょうか。
心配であります・・・。
(私も水谷豊ファンであります)
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-22 12:32 | 谷山浩子

神様 2

c0090013_22485497.jpg

川上弘美著 神様をちょこちょこ読み返す。

一文に クロは15歳で死んだ とあり、うちのクロと同じ年齢で死んだ事になっている。
本当に不思議な事にネコが死ぬ数日前から知らずに繰り返し繰り返し 神様を読み 谷山浩子さんが関わったラジオドラマ「神様」が再放送され、テープにとって置いたものを聞いていた。

お陰で悲しみを文学で吸収し、ゆっくりとだが乗り越えられる。

人の神様とネコの神様の粋な取り計らいのようである。

心はまだクタクタだが私は未来へてくてく歩いていけるようである。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-20 22:48

神様

c0090013_22194061.jpg


彼女は寝る間際
すすんでコタツに入っていったそうだ。

そして、そのまま
朝には死んでいたのを家族が発見したのだそうである。

昨夜、私は苫小牧にて
谷山浩子さんが演じたラジオドラマ「神様」を
川上弘美さんの原作と照らし合わせながら読んでいた。
作中にも
「クロが死んだ」なる部分があったり、
死んだおじさんが薄い存在になって出てきて
美味そうに「そら豆」をつまむシーンがあった。
熊には熊の神様が居て
人には人の神様がいる。
ネコにはネコの神様がいるだろう。

ネコの神様のもとに行った
きっとそれだけなのである。

元に帰って行った。
たとえば「神様」なのである。

花の野に立ち
私は見送ろう。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-18 22:19 | 日記

さよなら クロやん

c0090013_13411340.jpg

今朝、息を引き取りました。

幸せだった?

札幌に仕事が終わってから向かいます。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-18 13:41

なんとなくな日々

川上弘美著「なんとなくな日々」。

肩に力が入っている日々を送る人々に
脱力させるエッセイです。
(10年前に発表になったものを文庫化したものです)

芥川賞を取った
人気作家の生き方って
見てみたいと思いますよね。

でも、実は
普通の暮らししているんですって
きっと書いてある。

なにか「しなければならない」と思っている人には
良い一冊です。

読んで息抜きを。

背骨の左上部がヘルニアっぽい。
整形外科に行っても
レントゲンとって
湿布を出されるだけなのでいかなかった。
安静にしていてくださいと言われるだけなので。

安静にしている間に
「札幌学」「なんとなくな日々」
次は小川洋子氏の「海」にとりかかるところ。
どれ文庫で三冊で1500円以内だった。

懐が寂しい状況なので
楽しい文庫があったことに感謝。

「札幌学」もお勧めです。
札幌シティガイドを習得されたい方は
読むことをお勧めします。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-15 22:26 | 一人ごと