ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

さよなら…

c0090013_23153726.jpg

勤めるレストラン前のケーキ屋さんが
今日閉店してしまいました。
画像は最後に食べたシュークリーム。
製造補助を募集していたんだけどねえ、
来なかったんだねえ、人が。
あのオレンジ色のケーキ屋の明かりに
かなり励まされてきたので
けっこう、どうしよう?って感じなのであります。
この冬は窓の向こうに暖かな光が見えないのであります・・・(泣)

ところで日々、「さよなら」しなきゃいけない
宿泊施設の運命なのですが
本日は一年滞在した
ブラジルから来ていた日系3人が帰国しました・・・。
ちゃんとさよなら、言えなかったのです・・・。
昨夜はさみしさのあまりに夢に見ました・・・。

ランチのときにお別れをしてきた
ボリビア日系の子に
「寂しいよねえ」なんてつぶやきましたら、
「私たちが居ます!!」
そんな答えが返ってきました。
とても勇気付けられましたよ。

先日、ドミニカ共和国の日系の子と話し
(英語とスペイン語と日本語のミックスで)込んでしまったし
(「たんたかたん」なる焼酎教えてしまった・・・)
今日はつたない英語で
スリランカからきた方(じぇんとるまん×3)と
しばし話し込んでました・・・ジンギスカン知らないって
ちゃんと教えようよ。
コロンビアから来たじぇんとるまんが
コーヒーにダイエットシュガーを何故置いてないのかと
討論(?)になりました・・・英語で。
何故、コロンビアの人が英語しか話さないの?

職場内、ブログのぎりぎり話題なのでした。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-30 23:15 | 食べ物

たちばな・・・(笑)

c0090013_23162412.jpg


黒松内の警察官の方にめちゃめちゃ推薦を受けた
「田舎そば たちばな」に足を向けました。
転んでもただでは起きないわよ。

真栄の住宅街の一角が
自動車でもりもり。
一度気がつかず通り過ぎたのだけど
なんでかなーって感じでした。

入り口に野菜が売っていたりして
面白いのですが、
女一人ゆうゆうとそば屋は見渡しても私だけでございました。
おじさん、ばっかりやで。
頼んだのは「五目そば(温)」
しかし見渡せども、ほとんどの人がもりでした。
テンプラ付きか、もりだけか。
体調がよければもりだったのですが
温かいそばをゆっくり頂きました。

今度はざるテンプラ付で頂きたいモンです。

黒松内の続きということで。
今日はこのへんで。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-29 23:16 | 食べ物

えび丼

c0090013_2337998.jpg

画像は頭のみ(笑)

余市の柿崎商店の食堂の
えび丼はえびがすごかったなり。
あまりにもすごかったので
頭だけ集めて収めました・・・怖いって。

ただえび丼・・・頭やらしっぽやら取るのに時間が必要です。
どう食べていいのか分からなくなるし。
ただ、身だけになってからの
私の食べるスピードは速かったのでした・・・。

今日は疲れているので、ここまで。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-28 23:37 | 食べ物

KAGAYAパニック

c0090013_23353759.jpg


小樽の博物館にプラネタリウムを見に行った。
なぜかといえば
「銀河鉄道の夜」宮沢賢治原作の
KAGAYA
なる人が作った美しい画像のオート番組が
北海道では網走と小樽にしか上映されていないからだ。

博物館にかつて走っていた鉄道が展示されていて
小学生が社会見学でたくさん見に来ている場所である。
であるからして、
とても小さなプラネタリウムなのだった。
出口はカーテンで仕切られていて
本当にこじんまりしたプラネタリウムなのだった。

こんな場所では席は後ろの方にとった方が見やすい。
それが鉄則のようなものなので後ろの席が無いか見渡した
目を後ろに転じた時に
「ここ開いてますよ」
なんて荷物をよけて下さった方が目に入ったのだ。
・・・・・KAGAYAさんじゃないか?
あわててパンフレットに目を移す。
やっぱり本人である。
小樽で上映開始されてしばらく期間が経っている。
もう、ええええええ!なんでこの日に!
オート番組が始まる。
心を落ち着けながら番組を見る。

終わってから声をかけた。
「KAGAYAさんでらっしゃいますか?」
「はい、そうです」

サイン、もらっちゃいましたよーー。
ミーハーなんで。
中国で投影が始まって
小樽になかなか来ることができなかったそうで
今日やっと小樽まで一日きたそうなのである。
パンフレットにサインをもらった後に
ポスターを博物館の売店に見つけたので再度頂く。
すみません、ちょっと追っかけました。

ところで番組の感想である。
これはちゃんと銀河鉄道を読み込んだ作品である。
それで、重要なポイントを絞り込んで短縮している。
宮沢賢治がいわんとしていることを
しっかり、伝えようとしている姿勢が伝わる。
私の記憶が正しければ
賢治の妹トシ子が亡くなり
かつての教え子が北海道で就職したので
鉄道で北海道まで賢治が旅行に来た時に話を思いついたのだ。
銀河鉄道とは「死者が天上に送られる話」なのである。
十字架やハレルヤ、賛美歌という言葉に騙されそうになるが、
賢治は仏教徒なのであるので
その世界感は仏教そのものである。
銀河は三途の川なのだ。
それが美しい川・道・輸送路であることを願って
賢治が創作した話である。
美しい道を通って、さらに美しく幸福が待つ天上にトシ子が行けますように。
祈りはそこにある。

生ける者は死者のことを思い
幸せの探求をしなければならない。
そう、賢治は告げており、迷いも感じられる。
「本当の幸福とはなんなのか?」

番組も原作をお読み下さいと幕を下ろす。
まさしく、正しい案内がされる。
良い、出来の作品だと痛感する。

そろしければ、なかなか行けないとは思いますが
小樽まで足をお運び頂きたい。

ではまた明日。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-27 23:35 | 一人ごと

ジャガイモの実

c0090013_2322711.jpg


黒松内で行ったこと その2

じゃがいもの品種きたあかりにはじゃがいもの実がなります。
根っこじゃなくって
花が咲いていたところに「実」です。
通常のじゃがいもではあまりみつからないんだとか、なんだとか。
(詳しくはあまり知りません・・・実ってあまり注目してなかった)
収穫の終わったじゃがいも畑にごろごろ落ちているんです。
この実をひろって割ってみました・・・すると・・・
なんか美味しそうなフルーティな香りがするんですよ。
なめてみたスタッフもいて「美味しいですよ」とのこと。

果実酒にしたら美味しいかもってことで
漬けてみました。

しかしだが、じゃがいもには「ソラニン」という食中毒になる
物質が含まれているので
通常はじゃがいもの食用とする部分以外は食べることは避けられます。
ですから、この果実酒今もって
飲めるかどうかは「謎」なんですな、はっはっは。

前日、雨の森にて
「うるしの実って漬けると美味しいんですよ。
そのままでは食べることできませんが。」
「じゃ、じゃがいもの実も漬け込むと・・・大丈夫?」
「かもーー、知れないですね」
二人の食欲と探究心で作成されたなり。

いや、ちゃんと調べますが、
ネットで現時点では・・・不向きとされます。

だから、私たちだけで飲みます。

ソラニンって分解されないものなのかなあ・・・。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-26 23:22 | 食べ物

芋煮会と水きり四回

c0090013_23211519.jpg


黒松内での一番の目的(?)は芋煮会なのでしたー!
やっと登場。
川辺で芋煮会です。

北海道ではサトイモが生産されていないので
ジャガイモを掘って、それで作りましょう。
本当はそんな企画なのでした・・・。
しかし、北海道はアウトドアではメインは焼肉であるので
「芋煮会」といわれてもピンとこなかったらしい。

「芋を煮るの?」
「ええっと、知らない?」
「知らないー」

そんなリアクションが食品関係者の中でもあるので
マイナーなアウトドアレジャーです。
北海道では。

企画立案した、ガイドのまむさんは10歳まで仙台で育ちました。
ですから芋煮会の楽しさを知っているのだ。
結果としては、
「焼肉臭くならないのでいいです!!」
なんせおにぎりと芋汁なので
煮炊きしてしまえば、後はぼーーとしていられるし、
肉がこげているよーなんて言わずに、
のんびり食べることができて
煮ている間は川辺で寝ていたりして
(熊が出没するところなので一人では寝ることができません)
子供達は踊って騒いでいて
楽しかったのです。
これでお酒があれば最高なのでしたが
その後は帰宅しなくてはならなかったので
「酒無し」・・・いや、今度は
「酒入り、サトイモで芋煮会で来年はリベンジですよ!!

それから満腹になったので
その前からやっていた
川面に石を投げて、水面を走らせる
「水切り」を子どもも大人もがつがつやっていたのでしたが
帰り際は「3回、跳ねたら自動車に乗ってよし!!」ルールになったので、
皆、水切りに力がこもるのです・・・すっごく。
石探しから、投げ方のフォームから研究しながら
力いっぱい水面に投球!!
4回、跳ねたよーーと感激したら
誰も見ていない・・・(しくしく)

ところで「ケイドロ」で人気上昇中の我がレストランのフォープS君ですが
水切りは海の石の方が平らですので
海の方が水切りしやすいんですよ!!
そんな話を伺いました。

ちなみに水切りを行ったために
翌日は右腕が筋肉痛になりましたとさ・・・。

めでたし、めでたしーー。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-25 23:21 |

休足(あまり見つめないで下さい・・・。)

c0090013_20513520.jpg

一日休息デーでした。
そう、「本日」の日記を書き込むのです・・・。
黒松内日記も旭川日記もけっこうこれから掲載予定なり。
時間がかなりずれていくのですが、
ちゃんと読んで頂けるでしょうか?
ブログに掲載しますのでーーと、
お店に宣言してお料理とか撮影とかしているので
「ブログ教えてちょーーだいね!!」
とか言われているのですが
ちょっと待ってくださーーい。

で、画像はチョコレートパックされている
私の足なり・・・こんなもん見せてすみません・・・。
(怒られるかも・・・)
しかし、良い香りでした。
今月バースデイにて通常価格にて
チョコパックと10分足もみ延長、サービスしていただきました。
「シャメっていいですか?」
「記念にですか?どーぞ!!」
すみません。チョコパックなんて今後することなかろーーから。
もまれながら寝ました・・・リラックスしすぎかも。
足が疲れすぎていて
昨夜はあまり寝ることも出来ませんでしたのよ・・・。
いや、休日にあてて良かった。
すっきりです。

黒松内で傘忘れたので傘、
英語のテキスト、秋物の靴(2000円)、靴下、ストール、
極めつけはコロナビールを買いにいったのですが
(ビール好きにすっごい勧められるビールなのです)
ベトナムやシンガポールなんかの海外のビールがずらっと並んでいて、
つい手が伸びてしまった・・・333(バーバーバー)。
チーズもお気に入りのに手が伸びた(10%引きだったのです)
キャステロ・ブルー。これね、脂質分が高いんですけど
青カビチーズの中じゃマイルドでおすすめなんですよ。

コロナビール(メキシコのビールです)
ライムをたらして飲むのがいいんだそうですが
そこまで手が回らず、我が家にあったサンキストレモンで間に合わせました。
すっきりして美味しかったです。
個人的にレモンの味がちゃんとするまでレモン加えるのがいいかも。

ビールが部屋に二箱もあるのにビールを購入したのって・・・。
(そのいきさつについても後日)
愚かだなあ、全く。
ビールを買いに通っちゃうんだーー。
にくい商品展開です・・・。

すごい散財している・・・困ったもんです。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-24 20:51 | 日記

旭岳リベンジ

c0090013_21351178.jpg

旭岳を行くには最高そうな日よりだったので、登ってきましたよ。
23日が最高!!
そんな話でしたので、
22日に旭川入りし、翌日早朝から旭岳という日程にしました。

ですから旭山動物園は実はついでだったのですが、
いや、何度でも行きたいです。

そうなので、「旭岳」メインなので
他の時間確保がおろそかです・・・。
道の駅にも一つも寄らない・・・我ながら
けっこうハードな移動でした。

旭岳は一度行ってはいるのですが
姿見の池をめぐるだけのコースを
寒さのあまりに途中リタイヤしました。
同行した女友達は二人とも嫁に行って
一人リベンジなのです・・・いや、そんな悲惨じゃない。

今回は気温も高めですし
服装も万端で挑みました。
結果、楽勝に一巡りできてしまい
物足りないくらいです。
いっそ山頂とも思いましたが
なんせ帰路のドライブする体力を残さなくてはならない。
潔くあきらめました。
また、今度、春に行きたいものです。

ロープウェイで山頂(正確には「姿見の池駅」まで)に行くだけなんですがね、
やっぱり標高高いから寒いし、山道けっこう濡れているんですよ。
サンダルで行くのは間違いですし
軽装はしない方がいいです。

しかし、良い天気でした。晴天。
紅葉は見ごろとはいえないのですけども。

9時半のぼりのロープウェイ乗車。
10時半にロープウェイ下りを乗って、
11時15分に旭岳温泉に入って
出たのが12時くらいでしょうか?
車道がすごい渋滞になってましたよ。
車道が駐車場になっているし、
それは管理している人達の指導で停めているし、
いや、どんなことになっているの?って感じでした。

天人峡に寄り
芦別で「ガタタン」ラーメンを食べて
(宿以外で食べた食事はこれだけ)
夜6時半ごろに職場に顔を出しました。
旅の終わりの恒例になりつつある、お土産渡し。

旭山動物園にて一人研修員を見たので
「見たよー」とその方が偶然来たのでいいましたら
「ちょっと、声かけてよ!!」
なんてー、びっくりされました。

本日はこんな感じ。
というわけで、札幌にもう居るのです。

旭川には、何度か通わねばなるまい。
ちょっと濃い町ですわ。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-23 21:35 |

旭川にて

c0090013_220346.jpg

本日、やっと用意して札幌を脱出してきました。
初めて一人で旭川に居ます。

旭山動物園はオススメですよ!
これはコーフンものです。
年間パスポートを購入した方がいい。
動物園独特の匂いもしません。
ペンギン館4回回りましたが、もうちょっと見たかった…。
ここでさらに予想外なのはグッズのよさです!
思わず散財。
しっかり余裕たっぷりで来園してくださいね。

旭山動物園は予想以上の楽しさですよ\(≧▽≦)丿
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-22 22:00

キッチンまりこで朝ご飯を

c0090013_23184961.jpg


黒松内での話しをもうそろそろ終わりにしなければならない。
次の旅が始めるからだ。

黒松内では研修所に宿泊する。
木が周りをかこむ
優しい感じがする空間。
窓の向こうの景色。
ここでのご飯がけっこう好きなのだ。

ここで朝食が食べることが出来るなら
それだけでいいと思って札幌を出た。

まりこさんが作るご飯は飾らないけど
美味しい。
いっぱい食べたい。
しかしいっぱい飲みたくもなる。
話したくもなる。
夕飯のメインはセルフサービスで学園のお野菜も添えて。
食事に集ったのはまりこさん、まむさん、そして農家の小原さん(お芋を掘りに行く予定でした)
ぶなの学校のスタッフや
山村留学をしている子供達もやってくる。

寿都の湯でしっかり汗を流し、体を温め
しっかり泳ぎ(ひんしゅくものですが)、浮かんできました。
その後の宴がけっこう面白かったんですのよ。
女3人と小原さんとかしましい。
これもいいねーと思ったのでした。

豪雨の中、すすむお酒と話。
10時に寝て、3時には起きる小原さんのために
10時でお開きになりました。

宿泊施設には私、一人残りました。
豪雨のざざっという音。
裏は畑とか木々とかしかない
私だけという空間。
キッチンでほうじ茶を飲みながら読書。
音が私の中に浸透していき
どんどん自分の中が静かになりました。
雨音を聞きながら就寝。

照明を全部消して寝てくださいね・・・って言われたのに
つきっぱなしだった!!とあわてて起きたら
それは朝の日差しなのでした・・・。

コーヒーを飲み
ご飯をいつもの倍食べる。
いくらと鮭で北海親子丼も美味しかった。

それからその日は晴れたので・・・芋煮会なのですが

やっぱり、その話は短縮するのがもったいないので
旅から帰ってきた後にします。

では、おやすみなさい。
[PR]
by kanazuuu | 2007-09-21 23:18 | 日記