ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

卒業!!

耳鼻科からやっと解放されました。
今朝、お医者さんに鼓膜の上に出来ていた
薄い膜を取ってもらって
「なんともなければ、そのまま様子をみましょう
何かあれば来週みせて下さいね」
と言われまして
なんとかお薬は終了。

今日、何週間ぶりかで
耳鼻科の薬を飲まずに過ごしたら、
世の中(?)眠たくないじゃないですか。
人生ずーーっと眠たいもんだと思っていたので
なんかびっくりしました。
もともと休憩時間昼寝をする人なので
今日は寝ないでいるのが逆に新鮮でありました。
昼寝しちゃうから薬の副作用かどうかなんてわからなかったのでありました。
あは、眠たくないですーー。

けっこう数週間、眠たい状態だったので
あんぽんたん炸裂だったので
わけわかんない言動とか、
買い物とか
寝ても寝ても寝たり無いとか
すっごい内容のブログとか
ありますが、あまり気にしないまま残します(笑)

昨日のブログの更新がないのですが
帰り際、私の当日の行動のばかっぷりに
職場の人達で笑いが止まらなくなり
帰宅が遅くなりました(真実)。
それであおりをくったのが元カレでしょう。
家族にはあまりにも話せない内容だったので。
なんせ「○○ち」という言葉満載のメールを叩き送ったからです。
だって私のことを「○ら○ん○」が職場での呼び名なんて・・・。
レスがちゃんとありました。
「カレー食べながら、見ていました。食欲がわくな」

ま、詳しくはいいじゃないか。

詳しくは、酒を飲みながらな。

2月は色々なことから、
そうぎょうううっ!
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-28 23:50 | 日記

対策試験

様々なテストの話をしていた時のことです。
世の中には様々な試験があります。
IQとか常識問題とかなんやら・・・いろいろ。

「たいじんたいさくしけんがですねーー。」
「は?い」
聞きなれないテスト名に思わず聞き返してしまう私。
「ですから、たいじんたいさくしけんがーー」
「たいじん?たいじん?」
「対人対策試験ってテストがあってー」
「タイ人対策試験?」
どうしてタイ人限定の試験なんじゃ!!

「タイ人のテストじゃないですよー」
そんな突っ込みを頂きました・・・そうですよね・・・。
もう、自分のおおぼけに苦しすぎる今日この頃。
つい自分の起こした間違いに笑って苦しんでいると
「それはですね、まずタイ語を話さなきゃ駄目じゃないですか。」
さらに突っ込み。

あの、職場柄の間違いだと思います。
もう中耳炎に付きまとった聞きづらさからくるものを通り越す感じです(笑)

明日は客人本日より50人増らしいです。
・・・・・なんで突然増えるんじゃーーい!
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-26 22:45 | 日記

猫談義

本日は晴天であった。
よく日曜に晴れ渡ったものである。

しかし、こんな日に勤務であるし
案外寒い室内。
おまけに現金収入は200円で(コーヒー一杯のみ)
レストランに来店する人数もやる気のでない(失礼)
少ない人数で
モチベーションを高めるにはどうしていいのかわからなくなるのだった。
こんな日はぼちぼちスタッフで談話しているしかないのだった。

我が家はここの地に越してきて何日かしたら
なんだか自然にのら猫がやってきてしまった。
もう、約30年も前の話である。
気がつけば猫が居た。
そんな生活。
猫が子供を産み、またその子達が子供を産み・・・。
あっと言う間に猫屋敷になっていた。
それは近所の子供達にあっと言う間にうわさになり
小学生達が庭先にやたらと出入りする家になった。
役所や近所からも猫屋敷である我が家には苦情がぽつぽつ来た。
しかし、猫がにゃーんと鳴けば
餌を与えるなといわれても、そんなのは無理であった。
猫屋敷化は何十年と続いたのである。
ところが近年、猫に病気が流行り
あっと言う間に野良猫さんは一匹「おかあさん」だけになった。
もちろん多くの子猫のおかあさんだったから
呼び名はおかあさんなのだが
子供達はどこかへ行ったり
ほとんどの子供は病気に負けて
現在、庭には温かい日差しを求めて座っているおかあさんだけになった。
もう、子供は産めないだろう年齢である。
猫屋敷はほぼ数年後には終止符が打たれるであろう。

おかあさんは愛嬌がいい。
郵便物を配達する兄さんや
近所の小学生だった子が中学の制服を着ても
猫をなでていく。
おかあさんはきもちよくなでられている。

猫達とぼちぼち行く
そんな状況は全く悪くない。
家猫さんと野良猫さんと
コッカスパニエルのココと
毎日ばたばた暮らしていく。

そんな話をしていた。
のんびりした勤務であった。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-25 23:48 | 日記

フロブタ2号

c0090013_23193442.jpg

入浴剤のお話です。
フロブタなる球状の入浴剤が職場で流行っております。
いえ、流行らせた本人です。
球状の入浴剤を湯船に入れますと
ぶくぶくぶく・・・と沈んでから
ぽこんとブタが浮かんでまいります。
足、鼻、耳に色づけされており
風水によって「ある運」が強化されるって訳。

画像にもある通り、
青色のブタ=仕事・勉強運
のブタさん登場!
内心は金のブタでろ~~と唱えていたのですが
神様、ならぬブタ様は
仕事を頑張るようにと申しております。

しかし、それだけか?(金ブタは?)
さらに一個購入!!
本日、湯船に投入!!!
ぶくぶくぶくぶく・・・ぽこん。
青いブタ登場!!

私は仕事か仕事か仕事か?!
明日、さらに購入すべくドラックストアに行こうと思ってしまいました。
(すっかり、罠にはまっております)
5匹くらい、青いブタを並べるって言うのも・・・もうアリかも。

ちなみに6色あって
確率は6分の1のはずなのですが・・・。

今の現状からして
緑ブタ=健康運アップのブタさん登場希望もしております!

でろでろでろでろ~。
ちなみにこのブタ、光に当ててから暗闇にもっていきますと光ります。
職場の相方が入浴剤の説明をしようとして
「ブタが光るんです!!」
そうしょぱなに言ってしまって
全く入浴剤の説明になっておらず
ふき出した思い出がございます。

枕元に光るブタが並んでおります。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-24 23:19 | 日記

2月22日で

にゃんにゃんにゃんデーであります。
めでたく(?)猫の日。

早朝から何度も愛猫に起こされる朝でありました。
いつもでなのですが
(体内時計もセットされており自然に目がその時間覚めます)
朝4時くらいにご飯の催促があります。
にゃーんと鳴かれて起きるのが私だけ
(他の家族はなかなか起きないのであります)
なので私を起こしてごはんを食べようとします。
しかし、うちの子は14歳のおばあちゃん。
「もっと旨い物くれねがー」
なんて感じでカリカリでは満足していただけなかったようで
何度も起こされるのでまいります。
さらに、
「一階の暖かい部屋に行きてー」
「水が飲みてー」
「おまえの寝ているところ、わたしゃ寝るー」
ので、
にゃーにゃーにゃーにゃー
しっかり睡眠とりたい欲望が強いのに
6回くらい起こされたような・・・(おぼろげ)。
さすが猫の日と思った訳です。
日中業務の頭が回らないこと。
おまけにけっこう日差しが温かかったじゃありませんか。
睡魔が睡魔が睡魔が・・・。

別に広い(いや猫にとってですがな)家なんですから
もっと心地いい寝場所が他にあるはずだと思うのですが
なぜか私の枕の上で寝たがるのですね。
朝、一度外出して
暖まりになぜか私のベットにやってきて
にゃーにゃー鳴きながら
まくらを横取りする・・・朝8時。
やつがまくら脇にやってくると8時なんだなと認識いたします。
もっと早く起きろよという突っ込み覚悟ですが・・・。

私のまくらが何故お好みなのだろうと
考えてみるのでありますが・・・香っているのか?
けっこう使用しているまくらではありますし。
・・・いえ、あまり香ってない・・・と思います。。。

カリカリはお皿にもりもりもってあるのですから
私をゆっくり寝させてくださいってばーー(泣)

今日は寝るぞ!
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-22 23:39 | 日記

ご飯、おかわりする女

耳鼻科に行く日でありました。
「なんか覆われているような気がするんですよ」
そういう言葉を受けて鼓膜の表面の薄皮を取り除く処理が行われたのですが
「痛かったら、すぐ言ってくださいねー」
という医師の言葉に反して
耳の中をモニターに写して見ることができるため
くくっ!この塊が取れたらキモチよかろう!
なんて思って我慢しようかと思ったのですが
さすが小児耳鼻科が専門の先生だけあって、
「はい!痛いですねー、今日はこのへんで、また来週!」
言葉にしなくても、顔の表情は正直らしいです。

職場に行くと
昨日、誰か不審者が暴れたらしく
いきなり説教(?)から入りました。
知らなかった私たちには
「へ?」って感じでしたが
遠い目をしながら「どうしたらよかばってん」と考えていた次第です。

それから昨日の不手際を指摘された訳なのですが、
なんせ「わからないものは、わからない」とはっきりする口ですので
長期の話合いになりました・・・・が、
私の悪い癖なのかもしれませんが
自分が納得するまではとことん粘ってしまうのです。
指摘というよりかみつかれた感じだったので
おもわずかみつき返してしまった訳ですが
私の粘りっぷりに相手の方が折れていきました・・・すまん料理長。
最後もしかして相手は涙目だったような気がします。
その後、嫌味を聞きながら食事もしたような。
しかし、全く無視して「ご飯、おかわり」してました。

不審者が暴れて、
施設内大騒ぎで処理も単なる住所を聞くのがスムースにいかない。
そんな環境でありました。

しかし、なぜか終始笑って過ごしたのは
私のぼけっぷりであります。
「昨日のおおとり物、見てみたかったきがしますねー
=大通りの天気予報あたったようですねー」
聞き違いであります。
ええっと、
まだまだ駄目ジャンってところですね。

ではまた、明日!
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-21 23:59 | 日記

炸裂、紅マグロ

今日もパーティでありました。
それもパーティ終わってから食堂にやってくる研修員多数。
どうもちゃんと食べることが出来ないイベントなようです。
こちらとしては
ちゃんと食品提供しているんだから食べてほしいんだぜーー。
そんな気持ちでいっぱいです。
会場での挨拶は短めでどうぞ。
なんせ酔っ払って研修員が食堂にやってくるので
ちょっとわちゃわちゃ。
ピザを注文してトイレにいってくると言ったまま帰ってこない人が。
どこかで倒れているのかと思いましたよう。
オーダーストップ後に来る人とか。
対応には限界があります。

ちなみにピザを注文した方をフロントで探してもらって
(部屋に帰っていたのである)
ちゃんと食べてもらいました。
冷えてましたが。

さて、そんなこんながあった今日。
帰宅時、私の半壊れの愛車に残っている職員が乗り込んで
あるところまで美女満載(もちろん誇張)、でお送りするのですが、
いつもならFMラジオをかけている車内。
本日は谷山浩子のアルバム「テルーと猫とベートーベン」でした。
「あら、いい音楽ですねーー」
と若干お世辞気味のコメントをいただきましたので
特別な一曲をおかけしてお送りしました。
タイトルは「素晴らしき紅マグロの世界」。
漫画、ますむらひろし氏作の「アタゴオル」という作品に付けられた曲ですが、
ただ、突然聞くと
車内、一瞬騒然としてから、爆笑の渦が巻き起こります。
あまりこの曲を多人数で聴くということがないので
聞かせた本人が涙目になって笑いまくっておりました。
さすがに「ぴっちぴちーのぷーりぷりで♪」と
「紅マグロ~♪」を何回も聞くと
皆、脱力するようです。
私も実際、聞くとどんなことがあっても
どうでもよくなります。

この曲の生歌聞きたさに
まさか、仕事が入ったのに
「無理です、無理です、そんなこと無理です!」
と、ごねまして、コンサートに行ったのは
ここだけの話とさせていただきます。

この曲は是非、
脱力したい時に、猫の気持ちになってお聞き下さい。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-20 23:30 | 日記

まぼろしのスープカレー

c0090013_23222613.jpg

うちの食堂にはスープカレーがあります。
一日限定6~10食。
定食に出す(大体15食ほど)と売り切れますし、
夜の時間は他の物も売らなければいけない関係で
3食限定なんです。

それが、すさまじい争奪戦なんです。
国境を越えた争い。
時にアフリカの方に大人気。
オープン時間前に売り切れることも
この頃しばしばありました。
「スープカレーが今日も無いのか!!」と
マジ切れされたりするアフリカ女性も居ました。
毎日遅く来るインドネシアの研修員には
「スープカレーが食べたいんだよう」と訴えられるのですが
研修員には平等が原則なので
早いものがちなんです。

ほぼ、「幻のスープカレー」。
札幌はスープカレーの人気が高くなってきてますが
(ぶっちゃけ)我が食堂のスープカレーのグレードは高くありません。
ので、北海道ウォーカーの2005年版の特集なんですが
(大泉洋氏と社長の表紙)雑誌をインドネシアの研修員に進呈。
2005年の雑誌なんだからねーと念を押しながら
渡したのですが、かなり喜ばれ、嬉々として帰っていきました。
来月までの滞在なのでよい、好みのスープカレーに出会えばいいのですが。

もう一度、念を押しておきますが
我が食堂のスープカレーは争って食べるほど美味しくはありません!!
毎日とか、争ってとか、食べなくていいですうううう・・・。

ちなみに食べれなくてマジ切れした
アフリカからきた女性は
帰国前々日に早く来たのと
ランチの定食で食べられたので
かなり満足顔で去っていかれました。

めでたし、めでたし。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-19 23:22 | 食べ物

牛乳飲んで

牛乳でお腹がごろごろする人と
しない人がいます。
職場でそんな話になりました。

牛乳を注ぐ料理長がお腹痛いのだけど
カルシウム補給と申して飲んでおりましたので
ヨーグルトだと良いんだよって言いました。
乳糖が分解されているからなんですが。
「乳糖不耐症なんですね~」
「は?」
「ですから乳糖不耐症なんですね?」
「は?」
「乳糖不耐症って牛乳に入っている糖分が~」
「は?にゅうとう??(なにやら片手で仕草をしている)」
「あっ乳糖、にゅうとう・・・」
早く気がつくべきでした。

もちろん、よろ○くびーのポーズをもちろんとりました。
いや、とるなって・・・。(泣)

崩壊寸前の厨房内の様子でございました。。。

栄養士ゆえの誤りです。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-15 23:20 | 日記

チェックインかよ!

雪祭りも終わったことだし、
もうそろそろ人が館内から減っていくだろう・・・そうスタッフが皆、信じているのですが、
本日、チェックインがありました。。。
「チェックイン?よくわからない???」
来店予定者が(夕方のみですが)80名を越えると
もう息が切れ始めます。

それでなくとも
日曜のパーティで疲労困憊しているって言うーのに。
ランチの最中、一瞬抜けて
栄養ドリンクチャージいたしました(一気飲み)。

私のブログは関係者以外
見ていないと思ったりしていたのですが
けっこうお初にお目にされるかたもいらっしゃるようなので
若干説明をいたしますと
海外から日本に研修を受けにくるための施設内の
レストラン(まあ食堂に近い)であって
セルフサービスなのではありますが
チョベット語学を必要としているところです。
しかし、立場としましては
外務省の外郭団体の下請けの下請けの下請け(で正しいのか?)にあたります。
私自身としましては「レジ兼皿洗いのおばさん」であると思ってますが。

何カ国相手にしているのか
よく分かっておりません。
英語を始め、ロシア語、スペイン語、フランス語、中国語、
パシュトー語、ベトナム語、ま、自国の言葉などなど
飛び交っておりますが
皆、大体怪しげな「英語」を使っております。
そして「怪しげな日本語」も飛び交います。
「ドーモ、ドーモ」「それじゃマタ」「ナマラ寒い」。。。
誰が教えたんだよって感じではありますが
私も怪しげな日本語を教えたりするので人のことは
全くいえません


ま、それで(話題は戻ります)予想外(予想では今週20人減っていると思い込んでいた)の人数増に
半切れいたしております。(半泣笑)

泥沼の今週。
乗越えられるのか(ねばならぬ)
お楽しみに。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-13 22:51 | 日記