ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本( 22 )

とめはね!

c0090013_23125123.jpg

vista環境とdynabookパソコンになれません。
ややしばらくパソコンの環境から遠のいていたのですが
この頃戻ってきてはおります。

んで、今までなにをしていたかというと
テレビもないので
本や漫画を読んでました。

おすすめだね!!
盛り上がったのは
「とめはね!鈴里高校書道部 」
書道部漫画です。
部活の漫画はほとんどがスポーツ系ではないでしょうか?
これは違います。
書道なんです。
私のまったく興味のない書道。
これを「どう熱く漫画にできるか?」
やってもらおーじゃない。

これがけっこう面白かったのです。
王様のブランチでも紹介されましたが
「ちはやふる」はカルタの話で
テレビでもメジャーに盛り上がり風景って見ることができるじゃないですか。
だから後回しにして
こちらを先に読みました。

スポコン書道漫画
そんな矛盾したジャンルの漫画です。
描いた人は先に柔道漫画「帯をぎゅっとね!」なんて描いているので
その要素を元に書道を描いているんですよね。

これを読むと・・・パソコンのフォントに
もうちょっと興味が持てます(笑)

何も出来ない状況なので
本のネタが続くと思います(爆
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-12 23:22 |

馬 入ってます。

森雅之さんの「馬の絵本」が発売になってました。

BCSさんでサイン入り
本も売ってました。

今回は見送り。

とりあえず、多くの人たちの目のふれるように。
馬の絵本を見てくださいな。

ところでBCSさん
オフィイスキューのサイト内で
石鹸を発売している場所として
ブログにて紹介されたことがあるのだそうです。

巡礼の場所か。
(HTBとフーコックと一緒に回られる道外の方が多数です)

それはトンデモナイ反響があり、
高価な石鹸は新たなる札幌のブーム商品として
一ケ月分の販売数を数日で売ってしまったのだそう。
販売元も品切れ。
そうか、有名になるには
鈴井さんか大泉さん
もしくは藤村Dの目に止まればいいのですか?


・・・・・・・・・・・・じゃあ、大泉君 浮き玉もって。


いや、そうじゃなく
森雅之さんの絵本は
馬の絵が難しかったようで
北大の先生から何度も
「ここの筋肉の感じがちがーう!!」
なんて手直しが入ったそうです。
ちゃんと学術的で北海道な感じな絵本になってます。
農文協で1800円だったかな。
もちろん普通の本屋さんでも手に入ります。


c0090013_2114628.jpg


天文ガイドでも5月号から
森雅之さんの1P漫画
連載復活。
星の配置は正確に描いているのだそうです。
(漫画といえども専門誌なので突っ込みはいりそうだからだそうです)
今まで森さんの漫画を知らない方は
まず、天ガを開いてみてね。

「栄養と料理」
「食生活」
「きょうの料理」
でもなく
「天文ガイド」から専門書の購読を始めてしまいそうな
私は栄養士失格です。

「本と酒を買うのをヤメタマエ」
ええ、分かっていますとも。
でも、これをやめたら
人間失格もしそうなので
止めません(ええって?)

vistaに慣れよう(オレ)
GW前 札幌安近短
お勧めショップシリーズの始まりです。
(ちなみに死にそうなほど
 vistaが分かりません・・・)
[PR]
by kanazuuu | 2009-04-27 21:05 |

チャンネルはそのまま!

佐々木倫子さんの新作
「ちゃんねるはそのまま!」
漫画・・・面白いです。

舞台は北海道☆テレビ(HHTV)
バカ枠で採用された記者の活躍(?)のお話です。

なんせ北海道的テレビネタ満載。

あ、あれはあのアナウンサー。
この人は某ディレクター。
このマスコットはあのヒネリ。

北海道に住んでいれば
分かる話が満載ですし、
読み込むほどに
こっ、ここにも北海道のテレビネタが・・・なんて
発見しまくりだからです。

北海道は夕方のテレビ枠がオリジナリティーがあって成功。
地方局が見学に来るほどです。

なんでか「水曜どうでしょう」が成功した局ですからね。
不思議なんだよねー。
こう、「爆発ウケ」するとは思いませんでしたから。

大泉洋氏も
普通に東京に居る俳優さんになっちゃったからなー。

とりあえず、
佐々木さんの作品
実は動物のお医者さん以来
久々に購入しました。
c0090013_21474867.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2009-02-28 21:48 |

ジュンク堂書店 札幌オープンしますよ♪

昨日アダノンキさんのところでビールを飲んでおりましたら
店主さんの昔の修行先・東京
ジュンク堂さんで働いている方と一緒になりました。
話してて、盛り上がる~。
本当に本好きな人って少なくなってきているので
飲みながら楽しい時間になりました。

ジュンク堂書店は大通りに12月20日オープンします。
場所は
北海道札幌市中央区南1条西2-11 丸井今井南館B2~4F

札幌は札幌駅に紀伊国屋があったりしますが
大通りに大型店舗の本屋がなくて
大通りの方をうろうろしている人間としては
とても本屋がほしかったワケなのです。

ジュンク堂書店さんの広告になればと思って書きます。
東京で働いているあるご夫妻とお話したのですが
本のことにもとても詳しく、多くの本を読んでおられ
来年新春発売の小川洋子さんの新書についても語りそうになっちゃって
(面白いので期待されたしとのこと)
ブレーキかけるのが必死という
本が好きで好きでたまらない感じが
良いのでありました。
本は流れものなので買いたい時に購入すべきとのこと。
すてき・・・。

本屋の店員になりたい人でも
あまり実は本を読んでいないんそうなんです。
確かに札幌市内の本屋の陳列の仕方を見ていても
ブームが来れば売るみたいな売り方しかしていないので
ポリシーありげなジュンク堂さんに
とても期待しちゃうのでした。
東京某所で働く奥さんは
仕事で読む本+自分の好きな本も買ってしまって
(アダノンキさんでビールの本で表紙がとてもよい本をお買い求めでした)
なんだか頼れる店員さんで
札幌市内にもそんな人が居てくれたらな・・・。
そう感じさせる本好きの方でした。
札幌ジュンク堂書店 
12月20日盛大にオープンですのよー。


文芸書、どれを読んでいいのか
アドバイス受けてしまいました。
しばらく迷いなく本が買えそうです。
もちろんジュンク堂書店で買いますよ。
(だんなさん、ご安心をー。)

ジュンク堂書店
[PR]
by kanazuuu | 2008-12-06 20:14 |

わくわく谷山浩子

c0090013_2012399.jpg


もう、いろんなこと無視して
(アップ予定とかあったのですけどもー)
ファン(?)サービスです。
(ファンって谷山さんのですよ。もちろん)
今読むと
谷山さんはきょーれつに恥ずかしいと思うかもしれないけども
面白い本ですよ。

という訳で
谷山浩子さんのファンになったのは
1983年らしいです。

吾妻ひでおさんのイラストの
「谷山浩子のポーズ」とか
「谷山浩子の顔のポーズ」のセンスが気になる。
当時浩子さんは
20代なんじゃーない。

時間の流れってすごいですね。
別冊SFイズムの2号目が谷山浩子特集本って・・・
ある意味、すごいんじゃーない?
[PR]
by kanazuuu | 2008-06-03 20:06 |

絵本屋 ぽこぺん

c0090013_20335858.jpg


上記画像は「ぽこぺん」さんの北海道関係の本棚。
(帰ってきてから
会話にうっかり夢中になって
絵本の棚を写してこなかったことを後悔・・・)

疲れた時には長沼にまで足をのばすのが好きでして
いつものところによって
「絵本屋ぽこペン」
に初めて行きました。

厳選された本がいいですね。
(そうじゃないものちょっと混ざってますが・・)
北海道の雑誌「スロウ」が置いてあるって言うので訪ねたのですが
スロウの雑誌とかHPでは売り切れている
「豆レシピ90」を持ってらっしゃったので
一冊。
そして栄養士だってことなので
勧められた
「太ったインディアンの警告」エリコ・ロウ著
生活人新書 740円
こちらを購入してきました。
まだ読んでないのですが公開。(笑)

絵本はどこから読んでいいのかわからないくらいありました。
何度も訪ねて読んでいこうかと思います。
絵本は子供向けとはいえない本でもあり
けっこう読解が難しいもんです。
今回は全く絵本は触らずに来てしまったからね。

ここの店主さんは
書評もやっておられるようです。
これから書くこと
ちょっと迷ってらっしゃったのですが
図々しく意見しちゃいました・・・。

ゆっくり「長沼」逗留したいのですが
いつも駆け足で駆け抜けてしまう・・・。
時間がほしいですね。

長沼町東6線北2丁目
DHCの工場がある手前の道を
札幌から来た場合は右に折れます。
電話0123-88-4406
後は迷ったら
電話をかけるといいですよ。
私はアタック2回目で探し当てました。

最後の画像はおまけなり。
厳選された北海道の中に
ちゃんと表紙を出して座っていた
とある本。

c0090013_20503413.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2008-03-09 20:51 |

おとなのいい旅 北海道 春号

なにが良いっていうかと
「生キャラメル特集」が載っている・・・。
初めて買っちゃったよ・・・おとなのいい旅

ノースプレインファームも花畑牧場のも
レビューが載っているのが・・・にくいな!!
こんなに多くの生キャラメルがあるんだなーって
感心しちゃう特集ですよ!
お勧めです。
そしてどれもこれも
千歳空港、一ケ所で買うことできますって
にくいな!
やるなーいい旅。
購入しやすいって
重要なポイントですよーー。
通販ということもできますが
やっぱり直に手にとって
買い手としては
見たいもんだもんね!

この特集だけでも価値あります。
他には
「北海道ミネラルウォーターガイド」もイケル特集だと思います。
「北の寿司」もいいです。参考にします!

880円ですが、
今回は皆さん手にとってみて頂戴。
買って損なしだと思いますよ。

c0090013_2202022.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2008-02-25 22:01 |

大学は美味しい!!DIME増刊号

ざっと目を通しましたー。
北海道大学のがごめこんぶプッシュも分かりました。
地元ではないと
なかなか「100%がごめ昆布」の商品を見ることが出来ないんですよー。
100%のおぼろ昆布、うまいっす!
是非、地元で(椴法華だったっけ?)つつじの山を見たときに
売店が開かれているので購入してみてくださいねー。
フコダイン豊富。健康に良いこと間違いなし。

しかし、いしかりバーガー
ちょっとだけ取り上げられてますが
「こむぎっこ」のオリジナルバーガーの画像じゃん!
やっぱり統一バーガーの画像じゃなきゃ
意味無し!!
間違いじゃないけど、
チョイスミスですよーー!

この本の良いところは
「泥臭そう」なんて思われがちな
大学農学部系がとってもフレッシュに扱われてます。
教授陣が生き生きしている。
いいですね。

今日、新宿高島屋で
「大学は美味しい」のイベントが行われてますよね。
池田教授(売り子?)も頑張っているかなーー。
頑張ってねって声をかけてくださいね。

道内では大学の商品としては
北大と酪農大、帯畜しかしらないかも。
藤女子が取り上げられたのは
池田教授が開発能力高いこともあるけど
一番の理由は
石狩には大学がそこしかないので
地域が連携するのはそこの大学しかなかったってわけ。


あまりこの本は本屋では扱いが少ないので
見つけるのが難しいのですが
目に止まりましたら
見てみてね。
藤女子は最後の方のページです。
取り上げられている商品はカナストーリーだけど。
c0090013_23191969.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2008-02-16 23:30 |

北海道ウォーカー 来週の特集

来週の北海道ウォーカーの特集に
「石狩鍋といしかりバーガー」があります。
もし興味がおアリでしたら
手にとってくださいね。

いしかり丼が過去に空振りしたことのある
石狩。
地元の一部は頑張ろうとしていますぜーいい。
札幌市民は石狩のことを
全くと言っていいくらい
知らない。
私も失礼なくらい
知らないやつだった。

くるくる回ってみて
ちょっと応援してやろーじゃんって
思ったよ。
問題は山積みかもしれないけども。
(飲食店回ってて閉口するのが
駐車場の狭さである。人を呼べないって)

まずは来週、寒中屋台村が石狩のイオンで開催。
石狩の青年会議所が頑張っているらしい。
16、17日。
16日 6時半からは花火が上がるらしい。
でー、一緒に同行してくれる人募集。
私は16日に走る予定。
しかし、昼間に用事を足してから動くことになります。
こんな状況でよろしければ・・・。
なんせ胃に限界があります。
二人で食べれば倍の種類食べれるしー。
石狩の様々な食べ物、物産販売されるらしいです。
食べ物代はこちらが負担します。
しかし、取材だからハードなので
お子さん連れでは・・・苦しいです。
ちょっと無理でも告知してみましたー。

さて、私はある人を迎えるために
今日は早々寝ます。

では、また明日ー。

画像は「田むら」の統一バーガーなり♪
おいしそうでしょ?

c0090013_22341223.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2008-02-09 22:34 |

グスコーブドリ伝記

c0090013_22543116.jpg


まっつさんに読んで(演じて)頂いた
グスコーブドリ伝記の研究書はまだ読んでおりません。
以下は本当に耳から聞いての個人的な感想です。

長編だったので
三回に分けて(休憩を挟んだ)の朗読だったのですが
これは上手い具合の区分だったような感じです。

1区切りまで。
これは農村の風景。
当時の秋田の農村がモデルでしょう。
それが飢饉の時には一般的とも言える風景が物語に展開されます。
宮沢賢治が農村をめぐり目にしてきた光景を
そのまま描写している感じがします。
両親が居なくなるのも、妹のネリが居なくなるのも
あっさりと語られますがそのようなものなのだったのでしょう。

2区分目そこからは軽やかな展開になります。
私の印象では突然SFの世界に入り込んでいるかのようです。
そこの(個人的な偏見も混じるのですが)北大がモデルになっている感じ。
宮沢賢治は実際に北大の植物園に来ていますし
北大も見ているのでは?
しかし、あまり中は知らなかったような感じですね。
クーボー大博士はどうもクラーク博士とダブります。
実際会ってないから、想像だけの物語が作れると言えます。
ここからは完璧に男性のロマンの世界です。

3区分目は主人公グスコーブドリが農村・世界を飢饉から守るため
死を選ぶまでの話となるのですが
世界を浄土にするならば、
イーハトーブが本当の理想郷になるならば
男ならそうあるべきな行動だと宮澤は思っているのが
そのまま物語に出ています。
ちょっと気になったのが
ネリの存在です。
イーハトーブが浄土の世界なので
(浄土真宗には天国があるのですが
 日蓮宗の考えはこの世が浄土なのです)
「ネリが生きている」のです。
一度はもう会えないと思って別れたネリ。
それはやはり死後旅先のサハリンで会えなかった
妹トシがもし生きていたならばこうであっただろうという理想です。

浄土真宗からの決別がこの物語にはあるような気がいたします。
イーハトーブはこの世にたくさん作られて
人々を幸せにするところ。

宮澤のグスコーブドリで出した
SFチックな結論は
(なんせ地球温暖化させようとする過激な方法)
あまり良くは感じないのですが
イーハトーブが実際にあるかのような展開が
とても面白く感じました。

賢治に言いたいのは
イーハトーブをがんばって作ろうとする人が
この世にたくさんいるようになりましたよ。
そう、伝えたい気がするのです。

ヨミガタリを聞いて
私は太宰治の「走れメロス」を読みたくなりました。
ヨミガタリでリクエストしたいのはアンデルセン。
この時期は「雪の女王」とか聞きたいですね。

グスコーブドリも掘り下げて
調べてみたいと思ってます。
道立図書館に通うのが始まるかも・・・でも、忙しすぎなので
しばらく無理だなあ。
[PR]
by kanazuuu | 2007-11-25 22:54 |