ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:札幌情報( 45 )

第2三谷ビル

画像がないのですが、
(後で取った時にアップします)
昔はこの辺で一番高いビルだったんだよと
レンタルボックスボタンネコさんから聞いたことがありました。
ハンズも
ノベルサもない
昔昔の札幌・大通り。
1963年(昭和38年)にオフィイスビルとして
当時の札幌では最新鋭の設備を整えたビルでした。
詳しくはOYOYO
のサイトを見ていただくとして。

昔から札幌の繁栄を見続けてきたビルなのです。
今は意識しないと通り過ぎてしまう建物になりましたが。
ハンズを通り越して
こまごまと看板がたってます。
(得に象の木彫りがあるのでそれが目立つようです)
ドミニカというカレー屋さんや
バンドカフェがまず初心者の入り口になるみたい。
それからOYOYOだったり
shinpachiroや坂東修一カフェ
紅茶のレッスン
(紅茶の世界では有名だそうです)
などなど~~深入りしていくみたいです。
(ね、みなさんそうでしょ?)
この頃有名な居酒屋が入ったそうなんですが
まだそちらの情報はつかんでません。


アダノンキさんと友人の共通の意見で
「まるで学校祭みたい!!」
でした。

ここのビルを友人を案内して感想が
「私に79%合ってた!!」
いや、その21%の欠けってGWで店が休業したから分かるんだけど
80%に達しないその1%が気になりますが。

今後も色々動いて行くっぽいので
まだまだ訪ねてしまいそうです。

周辺のお店も
丸井今井や4プラ以外も
楽しいお店があります。
是非、札幌探検してくださいね。
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-09 11:11 | 札幌情報

yurarika*

yurarika*
ここは入ったことがなかった。
縫い物から遠い私は
(とりあえず先端恐怖症だったりしたので)
縫い物で生計を立てていた母を持つ友人と
第2三谷ビルを回らなくては
嗅覚すら働かなかっただろうと思われる
ソーイング関係のお店。
縫い物(バック関係がメイン?)のクラスとか
オーダーメイドのバックとか
布地、レースの取り扱いが目立ちました。

「チェコのマチ針だってー」
「買う!!」
内心、えーー?!ってなりました。
小さな小箱にマチ針が入っていて600円の商品。
マチ針に600円・・・・・。
100円ショップのマチ針だと使っている間に
頭の部分がはげて
手にくっついたりするんだそうです。
頑丈で頭の小さなカラフルなマチ針は魅力的だったんだそう。
チェコカラーのボタンもあって
なるほど日本にはないカラーを出してます。
頑丈そうな、カラフルボタン。
二個で300円くらいからあったかな~。
私も使えないくせにつられてほしくなるボタンでした。
ただ飾って置く人もいるのだそうで
そのうち私もそちらの方に仲間入りかも。

友人はリネンのレースも購入してました。

yurarika*
ショップカードは何度か持ち帰ってましたが
ここだと気づきませんでした。


札幌市中央区南1条西6丁目第2三谷ビル3F
Tel/011-231-8466  12時~19時 水曜休
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-08 22:27 | 札幌情報

shinpachiro

c0090013_2362549.jpg


しんぱちろう

第二三谷ビルに入っている
雑貨屋さんです。
アダノンキさんの隣のお店。

食器が気になるなーくらいで
とどまってました。
(なんせ価格が高いものが多いんですから)

森彦からの続きなのですが
友達を連れて
お店に入ったら
スタジオMだわ!!
なんて言うので
初めてそこで食器のメーカー名を知りました。

studio m、一つは持っていたのですが
使うのにはもったいなくて
結局知人にプレゼントしたものがあります。

お店の方にお茶を頂いて
また、呟きが聞こえます
リバティだわ!!
リバティ
布地です。
英国風なのです。
古着屋で1500円のシャツに
50センチ2000円の布地を合わせて買う・・・ぬわんておしゃれなの。
確かによく見たら
リバティプリントは派手なようですが
チラ見せな感じや
裏地で使うとよさ気なのです・・・裏地に気を使うとは
おしゃれとは・・・確かにそうでありましたね。

shinpachiro
なんせ食器も洋服もおしゃれから遠い世界にいて
布を合わせるセンスもないので
目が行かなかったのです。

目線が違う友人と
いつものビルを回ると
また違った世界が見えてまいります。
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-07 23:04 | 札幌情報

昨日の大通り

c0090013_20132040.jpg

c0090013_20134790.jpg


大通りの春です。
とうきびのお店も出てます。
売っているのが・・・おじさんでした。

c0090013_20152230.jpg


苫小牧に週の半分住んでいますが
今年も無事に札幌で桜を見ることができました。

画像でごまかしております。


風邪・・・やっぱり悪化しました。
(自業自得であります)
けっぱって業務終了してきました。
鼻水が止まらない・・・(滴)
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-04 20:17 | 札幌情報

アトリエ 森彦

c0090013_20487100.jpg

午前10時に友達と待ち合わせして
行った先は
アトリエ 森彦
コーヒーが美味しいので有名過ぎて
逆に今まで行かなかったところです。
オープンしてすぐは
私たち以外誰もいませんでした。

cyolonがくっついてあります。

森彦は本店に一度。
cyolonも移転前には
けっこう行っていたのですが
ハンズ近いビルから離れてから行かなくなってました。

コーヒーが美味しいとか
建築物に関しても
今まで周囲から情報頂いていたのですが
初めて行きました。

モーニングコーヒー380円。
久しぶりに外でコーヒーを飲みました。
美味しかったです。
円山の森彦では建築物と
周囲の人に気を取られて
(おしゃれな人が多いんです)
煎りが深いコーヒーだなあとしか思わなかったのですが
ゆっくり味わうと
しっかり美味しい。
(前に頼んだのが一番煎りが深いマンデリンだったのも・・・)

モーニングコーヒー
森彦って贅沢だわ・・・・・と
ため息ついた
二人でした。

ちなみにGW期間中は
札幌市内は混むので
穴場巡りか
フライング発進で
早めの時間帯行動がお勧めです。
[PR]
by kanazuuu | 2009-05-03 20:58 | 札幌情報

いらっしゃいませ と書いてある

c0090013_20395432.jpg


レンタルボックスぼたんねこさんも第二三谷ビルの住人。

昨年からのお付き合い。

猫グッズが置いてあるので
行くたびになにか購入していた。

こちらもオーナーが女性。
人待ちの時間は
作品を編みながら。
レンタルボックスなので
さまざまな作家さんの展示・販売。

しかし、気がついてなかった
黒猫が多いことに。

オーナーの猫は21歳で亡くなって
今は猫を飼っていない。
最初の愛猫黒猫。
猫グッズもくろちゃん多いんです。
時間忘れて猫談義。
猫の21歳は108歳らしいです。

猫が死んだショックって
やっぱり深いことを
感じる(お互い)のが分かる。

「猫は黒よねえ~~」
話倒して
私は2時間くらいに感じた(実際 そんなに長くはないはず)。

ところでアダノンキさんを紹介してくれたのはここだが
「どんな感じのお店なの?」と逆に聞かれた。
ビールもあるけど
アダノンキさんのコーヒーは400円。
なら行けるかもと言ってました。

三谷ビル4F
(またはしっこ)
猫グッズ以外にも
陶器とか置いてます。

画像の猫は1000円で手書き
インドネシア語で
いらっしゃいませと書いてあるらしいです、
[PR]
by kanazuuu | 2009-04-30 20:53 | 札幌情報

ちいさい「うれしい」展

札幌在住
グラフィックアーティストの
inoさんの個展
ちいさい「うれしい」展が開催中です。

nano cafe(中央区南3条西10丁目 やき鳥 「鳥十」さん裏)
開催期間が5月2日までなので
あわててアップ。

画像は季節のドリンク
桜のリキュールで「桜らて」(四月限定 後一日?)
こんなにかわいい。

かわいくて 燃える。

ところでここで
北海道でエバジャムを売っていることを知りました。
うおおお。
やっぱりエバジャムうまいんだそうです。

inoさんの作品は
しおりと刺繍が主な扱いですが
nano cafeさん自体が小さいお店なので
大きな展示ではありません。

かわいいカフェなのに
お茶して外を眺めると
居酒屋街をさ迷うおじさんばかりが通ります。
そのギャップがまたいいのかも。

ジンジャーパウンドケーキも美味しかったですー。
早速、ショウガをはちみつ漬けにすることを画策しています。
c0090013_2040538.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2009-04-29 20:41 | 札幌情報

「山」と「町」

私が勤めている近辺のことを
苫小牧の人たちは「山」という。

で、栗山に行ったということも
「山に行ってきたので」
そう表現するので
なんとかヌプリに登山してきたのかと思いきや
小林酒造のお祭りに行ったことを
「山に行った」というのだった。

標高・・・低すぎませんか?

普通それは「森」なんじゃないかと思う。
苫小牧標準である。

それに相当する言葉が札幌にもある。
「町に行ってきた」
それは大通りから札幌駅近辺のことを町と言い
札幌の人は普通に使うんじゃないかと思う。
ちなみにススキノはススキノである。
札幌は30年前は大通り近辺以外は田舎だったのである。
思いっきりそれが残っているのであった。
私が住んでいる(実家ね)地域は
昔は畑や田んぼだった訳で
土地に価値なんて無いにも等しかったのである。
地下鉄だってそんなに伸びて居なかった時代
町中に行くのは
とても苦労した記憶がある。
今だって
「町に行って来る」は
普通に周囲に通じるのである。

「それはどうだろう?」
そう苫小牧の人に突っ込まれる訳であるが
どっちもどっちだと思う。
[PR]
by kanazuuu | 2009-04-21 21:25 | 札幌情報

くすみ書房

くすみ書房


c0090013_21391796.jpg


店主の方が落ち着かず
先のカフェでご飯を食べていたのは
くすみ書房でイベント中だったからでしょう。
トクダネのカメラが入ってました。

ここの特徴は
まず、新書であること。
ちょっと難しめな本が多いこと。
おやじのお勧めの本であること。
教育的な書店・・・なのかなーと思いました。

夕方には読み聞かせが
けっこう行われているようで
子供達がわいわいいってました。

なんせ中古本だと思っていったので
一冊も購入せずに帰ってきてしまいました。
ほしい本もあったのですが
資金不足でありました。

c0090013_21413027.jpg


帰り道、琴似の神社前のご神木のような
大きな木が道の真ん中に立ってました。

c0090013_21441171.jpg


ちょっと寒くっても春。
花屋さんが表にお花を出して売ってます。

春ですね。
[PR]
by kanazuuu | 2009-03-29 21:45 | 札幌情報

AMICA フリースペースレンタルカフェ

c0090013_2128976.jpg


西区琴似2条3丁目共栄ビル4F

コンカリーニョから地下鉄までの帰り道に
このカフェがあります。
看板を見逃さなければ大丈夫。
前の記事の
浮き玉リーグがはってあったお店です。

市場の上にあるので
お魚が売りみたいでした。
この日の定食680円。

ベトナムのバッチャン焼きが使われていて
アジアメニューも人気のよう。

フリースペースで個展もたまにやってます。

先にトイレに行きました。
トイレもかわいらしかった。

食事は私も醤油を魚にかけすぎたのですが、
バランス的にちょっとしょっぱめ。
この日のたまたまだったかもしれません。

この先にくすみ書房に行こうと
地図を見ていたら
くすみ書房の店主が現れて(本を納入するのに)
びっくりしました。

c0090013_21344019.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2009-03-29 21:33 | 札幌情報