ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

OYOYO通りのバンドカフェ

c0090013_1127076.jpg

BUND CAFE(バンドカフェ)
坂東修一カフェなんかが
第2 三谷ビルの入り口になる。
ここのビルはそれは昔、三越と並んで高い建物だったし
ここにくれば何か楽しいことが待っている通りだったのだ。
そこらカフェに出入りしていると
ビルの壁にあちこち
張り紙がしてあるので
この古いビルには
なにか面白いものが入っていることに気がつくのである。

今日はBUND CAFEを取り上げるが
今後も追っていきたい場所(ビル)の一つである。

ちょっと昔、中国茶を飲ませる店は
もっと大通りにあったが
今は少なくなった。
原因の一つに
中国茶に代表される「ウーロン茶」はペットボトルで飲むものだし
お店での回転率の悪さである。
コーヒーのように
一杯飲んだから立ち去る客ではなく
中国茶はお湯を注げばずーっと飲めてしまうのだから。

中国茶はウーロン茶だけではない。
プーアル茶は黒茶だし
緑茶はけっこう中国市民の頻繁に口にする飲み物だ。

おまけに中国茶と言ってしまうが
産地は「雲南」「台湾」各地さまざまである。

お店に入りメニューを開く。
最初はどれを飲めばいいのかわからない。
ワンフレーズ「味や香りの表現」を参考にするが
それでも迷う。
最初の導入は「東方美人」でもいいかもしれない。
ビルの外をぼんやりと眺めながら
ゆっくりと会話を楽しむのが
中国茶を味わうポイント。

茶器が沢山出てくるが
あせらす、店主に使い方を聞くのがいいのである。



営業時間 
   平日・土曜 12:00~20:00 
   日・祝日 12:00~19:00 
定休日 水曜

札幌市南1条西6丁目第2三谷ビル2F

大人数は入れないので
2~3人でご利用ください。
 
BUND CAFE(バンド カフェ)
[PR]
by kanazuuu | 2008-09-11 11:37 | 日記