ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

札幌場外市場 カニの選び方

c0090013_831253.jpg

北海道には
みなさん、美味しいものを食べにいらっしゃるのではないでしょうか?
東京・大阪
そちらの周辺では
北海道の魚介類が高価な価格で販売されますが、
地元に人間に言わせれば
ちょっとオカシナ価格です。

札幌には「二条市場」が都心にありますが、
札幌中央卸売り市場の外にある
「札幌場外市場」も有名です。
そして、ここから「二条市場」にも卸したりもしているそうです。
先日、地元なのに初めて足を運びました。

カニやウニ
ここでは浜から直送が多いそうです。
そしてカニは水槽に入れられて
生きたまま市場に運ばれて店舗で茹でられる。
昔は浜茹で主流でしたが、
今では流通の改善がされ、その方法が選ばれているそうです。
観光客の方がタクシーに乗ってここにやってくると
そのタクシーの運転手の方が熟知している
鮮魚屋さんを案内してくれるので
そちらの店舗を選ばれてもいいですし、
場外市場の店舗を一つ一つ訪ねて、
店員さんの売り口上を聞きながら
信頼できるところを選んでもいいと思います。

実際は、カニ自身を図ったり
触ったりできる店舗が信頼できるし、
選ばせてもらったり、選んでもらったり
出来る店舗がいいでしょう。
カニの足をつまんで
ぎっしり身が入っているものを選んでくださいね。

浜や漁の状況、
時期的なものや
運なんかもありますので
一概にどこの店舗がいいとは記載できません。

しっかり場外を回って
自分の目や手で
美味しいカニを選んでくださいね。

画像は「タラバ」なのですが、
メスのカニで安く売買されるのですが、
その日はオスより身がぎっしりつまって、
お店の方が「安くて、オスより今日はお勧め」ということでした。
1匹1万円ほど。
オスですと身入りが少なくて1万5千円するとのことでした。
その日の運でしかありません。

c0090013_8445542.jpg

[PR]
by kanazuuu | 2008-08-09 08:45 | 食べ物