ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

あかり

土曜の朝なので
テキストだけで失礼する。

谷山浩子さんでアクセスが多いようなので
彼女についての分析を一つしようかと思う。

曲よりも
歌詞の方に個人的に着目をしているので
一つの例として
アルバム「僕は鳥じゃない」から
「あかり」を取り上げよう。

この文章を読んでいる貴方は
「孤独」を真っ向から見つめたことがあるだろうか。

誰とも接触せず、
ネットも触らず、
部屋の電気も消して、
アロマキャンドルでも灯して、
音楽も聴かずに
床に座り込む。

外部から聞こえる人々の笑い声や
車の通る音
今日一日の出来事や
出合った人々の顔

楽しかったこと
悲しかったこと

美しい風景
恐怖を覚えるニュース

自分の精神状態が浮き彫りになる

「私は生きている」
生きているのが苦しくとも
世界がどう移り行こうとも

彼女は孤独を正面から見つめることができる
勇気ある女性である。

私たちは「寂しさ」から逃れようと
しすぎていないだろうか。

寂しさを楽しむ
そんな心の余裕がもてるような
人生を送りたいと思う。

「あかり」という曲は
孤独を歌っているが
その中に「明かり」がある。

今日は夏至の日で
キャンドルナイトである。

是非、部屋の明かりを消して
キャンドルを灯し
一人静かな時間を送ってみても
いいのではないでしょうか?
[PR]
by kanazuuu | 2008-06-21 11:32 | 一人ごと