ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

喘息とたわごと

c0090013_19252631.jpg


今日はスピードスケートの清水選手を見た。
彼、幼いころから重度の喘息もちなんだそうな。
帯広生まれ。
3歳からスケートを始めて
大学のために上京。
大会前夜の苦しい発作のために
苦戦した経験から、
病院をちゃんと受診するようになって
投薬でコントロールを始めるようになる。
アスリートとして
試行錯誤の日々。
遠征のために
宿を変えるたびに喘息を悪化させたり
薬を飲みかたを考えたり
肺とどう向き合うか思案したり
よく、頑張ったよなーって感心しました。
彼はアレルギーの病気3段重ねくらいいくんですね。
実は私も同じなのだ。
喘息、鼻炎、アトピー。
アレルギー反応の重層曲。
たまったもんじゃない。
なんで苦しいのに走らなきゃならないんだよ。
そんなことを思いだしてしまった。

しんどい。

しかし「喘息持ちの人はカンカクが磨かれます」なんて言ってた。
静かな夜に自分の喘息の苦しさと向き合った
あの日々は役に立つのだろうか。
今は私はアレルギーはけっこう克服しているのだけども。
いいメッセージだったかも。
悲観的にならず、
あきらめず、
良い方向へ、
目指せ 金メダル。

一緒に話していた医師たちもニコニコ笑顔であった。
重度の喘息患者がアスリートで金をめざせる、のだから。
カナダのバンクーバーでも
頑張ってもらいましょ。

ところで
本州は杉の花粉が飛んで大騒ぎですが
北海道はハンノキ・シラカンバ(白樺)の花粉での発症だそうです。
(杉の花粉発症は道南の一部のみです)
もう、花粉飛んでます。
こちらにかかっている人は
果物のほとんどが食べることができないみたいです。
早めに医療機関に行って
花粉が多く飛ぶ前に
投薬を早めに始めることがお勧めだそうです。

某所・帰りにカエルヤ珈琲店によりましたが
カエルヤ新聞「たわごと」(一言つぶやき)が
復活してました(にゃはは)。
アイリッシュコーヒーが
寒い日には美味しかったです。

ほぼ日にも「ぜんそくどうし」という連載もありました。

呼吸を感じながら生きてきた。
それは本当は感じずに生きていく人が
ほとんどだけども
喘息発症して
苦しい時間を過ごしたものならでは
磨かれる部分も・・・あるのかしら?
鼻炎発症中。
[PR]
by kanazuuu | 2008-04-12 19:42 | 札幌情報