ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

あまりや(後編)

c0090013_22465011.jpg


あまりやはほくほく庵より
274号線からさらに200m先にあり、
小幡さんと骨董たちが
小さな家の中に静かに息をして居る。

骨董を得に好きだということはないのだけども、
新しい食器ばかりはあまり好きではない。
食器の裏の黒い汚れ。
時間と共にじみじみと食い込んだ
何者か分からぬ黒いもの。
それは不潔ではなく
「味」と思える。
別に味が染み出してくるわけではなく
時間の色なる味。

数百の私より長生きしてきた物たちは
音を立てずとも「命」の存在を感じてしまうのである。
彼らは話し合っている。
食器同士、小幡さんと食器、
お客さんと小幡さん
お客さんと食器、
お客さん同士。
お店は音楽も流れていないのに、
にぎやかに思える。

千枚漬け用にかぶの皿一枚(1000円)
昭和のコーヒーシュガーポット(450円)
深川の廃校になった小学校の写真絵葉書(500円)
友達がお猪口を集めたいといっていたので
植物の書き方が勢いの良いお猪口(800円)

本当はタイの小皿もほしかったけど
何枚かあるようなので今回は我慢した。
右向きと左向きの二つの小皿。
絵葉書も3シリーズあるようなので集めたい。
(絵葉書を買い集めるのは私の昔からの病気のようなもの)
写真を写したのは
深川の「にれの木」というレストランのオーナーだ。
想像だけど、きっと気が合いそうだ。

小幡さんが
「ここの宣伝部長になって頂戴」
そう言ったので
なることにする。

しかし、ソバ猪口を集めに
本州に旅に出たくなる。
どうしても北海道だけでは欲求不満になりそうだ。

毎月 3 13 23日、
骨董を仕入れに定休するのと、
毎週火曜は休みである。
ショップカードにR337西4線四km
「この道ネコ飛び出し注意!」と書いてある。
かわいい注意書きであるが
ネコをはねては悲しいので
ゆっくり走行して頂きたい。

後一日、長沼編にお付き合いを。

スパイコメントに対策しているのですが、
書き込まれます・・・。
キーワードも変な言葉はブロックするようにしていますが、
エキサイトのヘルプを見ても
個人で努力しかない・・・って書いてあるだけ。
頑張って消します。

追記
「あまりや」の宣伝部長におおせつかったので
ミクシイにコミュ作りました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3002398

参加されるかたは
自由ですが(もちろん)
認証制の参加にしました。
ぼんやり運営したいので。

よろしくお願いしましす。
[PR]
by kanazuuu | 2008-01-23 22:46 | あまりや