ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

ほくほく庵

c0090013_233941100.jpg


手打ちうどん「ほくほく庵」の登場でーす。
画像は「釜揚げうどん」なりー。
これはここのうどんを知る上での基礎であります。

夕張郡長沼町西4線目南5
国道274号線を帯広に向かって走っていましたら
看板があるので細かい地図はいらないはず・・・です。
あいすの家から二つ目の信号左折500m・・・って
ほくほく庵のちらしに書いてあります。

北海道いい旅研究室のどこかで
舘浦あざらし氏が札幌市内から長沼に店が移ってしまったことを
嘆いているのを書いていたので
気になっていた「うどん屋」さんなのですが、
何度か休みの日に行ってしまって
今回、念願かなってやっと入店できましたのよ。

いや、これは移転、正解ですよ。
まあ、ビルの建て壊しで転居せざるえなかったらしいのですが、
長沼のあの場所を選ぶってスゴイと思います。

座席数約20席。
夫婦や女の方という客層。
シンプルであるけども
実は贅沢な作りの建築。
天上を見れば木材のロットナンバーがむき出し。
棚には一列そば猪口のコレクション。
そしてなんと言っても、窓から見える景色が
広い銀世界の大地、「北海道」。
出てきたうどんも強すぎないコシとか
太さとか、茹で具合とか、
めんつゆも讃岐うどんより醤油の味濃く
これまた
「北海道」なんですのよ。

北海道のうどんとして100%と言わせて頂ます。
接客も近すぎず、遠すぎずで
良い距離感です。
景色の前をばーんと通りすぎるんだけどね、店員さん。
でもお店の作りがそううどんを提供しやすくなっているの。

ここのお店、もう大手の取材は拒否しているそうです。
個人ブロガーがから画像のアップの許可が下りたようなもの。
なんせ、商売が忙しくなりすぎたら
お客さんにちゃんと手が回らなくなるし
良いうどんを提供できなくなりますから。

2月はまるまる冬休み。
3月は1日から営業。
火曜・水曜定休日。
ただし、祝祭日は営業だそーです。
営業時間はam11:00 ~pm7:00。

うどんと景色とを味わいに
札幌から行くと
気持ちの良いドライブが楽しめます。

まるまるメニューを制覇しなさいって
次のお店で言われました・・・のだ。

そして、明日に続くのです。
[PR]
by kanazuuu | 2008-01-20 23:39 | 食べ物