ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

長沼めぐりと国語の問題

c0090013_2112697.jpg


今日は長沼めぐりとなった。
画像は珈琲考房からの夕日。
きれいでしたよ。
一人、じっくりとコーヒーと夕日を味わいました。

ゆっくり数日に渡って行った場所をアップする。
本日行った場所は
全て、自分的には良かったと思える。
何年も前から長沼には通ってきたが、
開けすぎた感があるものの、
それでも良いところがある。

長沼を多くの人は田舎というが、
個人的には
「都会」とは言えないが、
「田舎」ではないのではない気がする。
それは本当に田舎に住んだことがあるから言えるのかも。
札幌の近隣の町だから
どうしても比較して「田舎」なんて出てくるが、
(長沼を走っていると「田舎」を売りにした住宅地の幟が見える)
北海道という広い地域で考えると
もう全然・・・開けてますって。
がっかりするくらいなんだけど。
某化粧品会社の工場はあるわ、
でかいパチンコ屋はあるは
でかい病院はあるわで、
すっかり潤っている町ですわよー。

しかし、まだまだ I LOVE 長沼。
ちゃんと皆様の了承を得て
画像と共に情報をお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞が読売になって
それなりに楽しんでいるのですが、
本日の記事でショックだったのが
夕刊、週間こども新聞の「国語教室」。(笑)
筑波大学付属中学の入試問題が載っていたのでトライしたのですが、
7問中3問の正解というショックな成績。
問題が池田晶子さんという哲学者
(女の哲学者なんて誕生する訳が無い!
と言われてましたが、「14歳からの哲学」などの著作が有名。
であるがゆえ彼女の存在はセンセーショナルだったのに
若くして亡くなった・・・残念過ぎー!!)
「知ることより考えるということ」からの出題だったのですが、
うーん、ちょっと彼女の偏見も混じっているような内容の文章。

まあ、細かくは読売読むか、その本を読んで下さい。

ただ一言、池田晶子さんに反論するなら、
私は有名になりたくってブログを書いている訳ではない。
様々なバイアスにかかった情報ではなく、
正確で良質な情報を流したいことと、
山やが、「そこに山があるから上るんだ!」と主張するように、
「そこにブログがあるから書き込むだけ」なんですな。

しかし、回答率の低さは問題だなあ。
中高に渡って、国語は全く勉強しなくっても、
普通に70~80点取れちゃったから
国語の授業中はマンガか小説をずーーっと読んでいた。
(先生にけっこう怒られた。数学も本を読む時間だった。数学は全く赤点)
そのつけが回ってきているわねえ。
毎週、夕刊で勉強しますか(笑)
[PR]
by kanazuuu | 2008-01-19 21:01 | 日記