ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

ペネロペ!!

c0090013_2310123.jpg


大丸で「リサとガスパール&ペネロペ展」やっております。
(開催期間・・・後で載せます)
基本は絵本の原画の展示でーす。
絵本デース。
小さい子向きの。

ある一人の男性がですね、
常に手にしていたんですよ。
リサとガスパールのハンカチを。
(このネタ知っている人、笑わないって言うか、
コメントはしないで下さい・・・・・。)
毎日、色々なリサとガスパールのハンカチなんです。
必ず、なんですよ。
レストラン来店するたびにチェックしちゃってました。
手にしているのは今日もリサガスなのかしら?

なーんて見ているうちに
「何故、リサとガスパールに魅了されたのか?」
なんて疑問わいてくると思いません?
札幌で展示があるって分かった時に
行こうって決めましたもん。
その魅力を見つけにGO!

展示見ているうちに分かったのは
「単純にかわいい」のです。
犬かうさぎか分からない正体不明の生物(絶滅危惧種?)が
人間の生活に普通に(?)入り込んで、旅をして
世界の有名な観光地を巡ったりしていて
目がくりくりしていて
リサとガスパールは喧嘩したり、遊んだり。
わったし!このぬいぐるみほしいって思っちゃいましたもーん。

リサとガスパールの並びの展示が
「ペネロペ」でした。
ペネロペは青いコアラの女の子で3歳で、うっかりやさん。
絵本自体は、3歳児くらい向けの
「○○ちゃん、できるかな?」
みたいな絵本シリーズです。
仕掛け絵本もあります。
一枚のペネロペの絵に釘付けになってしまいました。
海から上がってバスタオルに包まっているペネロペ、
かっかわいいいい!
リサガスより、こっちがいい!って思いました。

・・・・・ええ、前からここで書いてますとも、
「精神年齢は3歳児です」
3歳くらいの子持つ
性的な未分離の状態や残虐性や好奇心や
自分を精神分析していくと根本はそこらへんなんです。
遊びにうっかり夢中になっちゃうところや
大人に囲まれて安心しているところやら。

てなことを知ってか知らずか、
一緒に行った友達が
「あんたにぴったり!!」
そう言ってペネロペのぬいぐるみをプレゼントしてくれました。
一緒に毎日枕の側に置いて寝てます。

その後、母の友達がお孫さん産まれたとかで
ペネロペの仕掛け絵本を私の個人的な偏見で
2冊選んでプレゼントにしました。

青ってね、赤ちゃんが一番最初に見える色なんですよ。

うっかりやさんのペネロペ、
大好きです。
[PR]
by kanazuuu | 2008-01-10 23:10 | 一人ごと