ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

コンサート2日目「迷宮」

数日前に記載したとおりに
冒頭で私の手紙「ちくわパンについてお手紙が来ています」が読まれたために、
すっごく記憶がぶっとんでます。

佐々木幸男さんが出てきてから、やっと収まったくらい。

曲で覚えているのは以下でございます。

○アリス
○意味なしアリス
○不思議なアリス
○ハートのジャックが有罪であることの証明の歌

これらはルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」を歌にしたものです。
一時期「不思議なアリス」が強烈に好きだったのを思い出しました。
歌詞の残虐さがものすっごい好き。
とても美しい言葉が組み込まれているにも係わらず。

谷山さんの今のブームは相対性理論だそうですが、
私、話を聞いていてあまり分かっていなかったけど、
高校受験を放棄(推薦で私立に行くことにしたので)して、
受験戦争でもりもり勉強しているクラスメイトを横に
「コスモス」カール・セーガンを中学3年でちゃんと読破しているんだから、
彼女より、「ひも理論」とか分かると・・・思います。
一応、農学なんで理系っすか?
でも数学は全然駄目なんですけど。
ルイス・キャロルも河合隼雄氏も数学者ですよね。
ファンタジーの世界って果てには数学があるのかもしれません。
分かったのは、「生活の中にある相対性理論」なのです・・・。

佐々木幸男さん、登場。
見た目が昔から変わらない「おじさんフォークシンガー」です。
私、彼が嫌いじゃないなー。初めて見たけど。
リクエストコーナーって
けっこう無理ありますもん。
それを客席と谷山さんに向かって
「無理な曲選ぶなよ!!」って言ったのは、
今までののリクエストコーナーを見ていて思いました。
でも、彼の歌った歌の名を忘れました・・・すみません。
フォークソングが好きだなあって
彼の登場で再認識した良い歌でした。

佐々木さんと一緒に歌ったのは
○フィンランド

リクエストコーナーでは
○クジラの歌(正式名称忘れました)
○魔法使いの恋人が逃げた
○本日は雪天なり

まででーーす。
補足、お願いします・・・・・。

話はけっこう相対性理論の話が多かったです。
ニュートン別冊、私も分かりやすくてお勧めな本の一つです。

飛びますが、
ラストの曲が
○王国
・・・・・ええっと、これで終わりなんですか?
これはアンコールしてくださいって言うことですよね?

王国ってゲド戦記の2巻目がモチーフじゃなかったでしたっけ?
「迷宮」」がお好きなようです。
そしてアンコール
○テルーの歌
これはもちろん映画「ゲド戦記」の挿入歌として
CMで多く流れた歌です。
谷山さんは作曲担当されました。

で、気がつくわけ。
「まもるくん」が聞けてないじゃない!!
エンドの曲が流れても
絶えない拍手。
谷山さん、再登場!!
再々アンコールです。
「曲を準備していないのですが、聞きたい曲ありませんか?」
一瞬、静かになる場内。
で、言い放ってしまう訳。

「まもるくん」「は?」
「まもるくんで本当にいいの?」
「王国、テルーの歌ってきれいにまとまったけど壊す展開ですよ?」
「北海道の人はおおらかだと思っていたけど
 ぱあっと明るくして終わりってアリ?」
(場内に向かって)
「まもるくんで本当にいいの?」
観客席、うなずいてくれる人アリ。

そして、「まもるくん」が聞けたのですね♪
谷山ワールドに韜晦して終了な感じでした。
迷宮にコンサートが終わってからもようこそ!
そんな終わり方です。

帰りの地下鉄で
村上春樹の「東京奇譚集」がすすむすすむ。
「まもるくん」を聞いてから
読むの、お勧めでーーす!!

まず、ざっとアップしました。
何度か思い出しながら補足したいと思います。
[PR]
by kanazuuu | 2007-12-05 23:50 | 一人ごと