ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

なまら千石先生だべさ!!

今日は千石涼太郎先生の話しです。
ひょんなことからお誘いを受けて、
私飲み会に参加してしまいました。
丁度、谷山浩子さんの2日間のコンサートが入っていて
12月の1日は
希望休を入れていたので
「これはいける!!」
そう、思い立ちました。
チャンスが来たら、ちゃんと掴み取るのは大事ですね。

千石先生の本といえば
「なまら北海道だべさ!!」双葉文庫
なのですが、北海道関係の著作はもちろん、
この頃なにかとテレビで取りあげられる
「県民性」(クイズ)などを作り出された方です。
この本の特徴は文化人類学的なものを楽しく読ませてくれる
分かりやすく、楽しい、
北海道に関係する人なら誰でもすっと読めるという良書だと思います。

谷山さんの話にちょっと戻るけど
彼女は言ったのだ。
「ちくわパンって、普通にはないよ~」(そんな感じのことです)
札幌市民なら普通のパンですが、
道外から来た人には驚くべき「物とか風習」、
それが「県民性」であります。

さて、飲み会、コンサート会場から駆けつけました。
スタートが18時半でしたから遅れること1時間半。
もちろん皆さんお酒を飲んで出来上がっておりました。
これはもう想定内。
私の想像では、
酔いに酔って、誰だかもわからない状態であって
千石先生を遠くから眺めてちびちび飲んで
私のことには皆さん全く気がつかない・・・というのが
実は事前に考えていたストーリー。
実際はですね、アワグラスの(ニセコのペンション)のマスターが
「初めての方は、千石先生の前にさあどうぞ!!」
・・・・そんなことで目の前に座っちゃったじゃないですか。
初対面でそんな有名な人に会って
舞い上がってしまって、何しゃべっていいのか
分からないじゃないですか。
という訳で視線を合わせないように
周囲の様子やお隣の人に話題をふるありさまーー。
千石先生も若い女の子との話に夢中でらっしゃったので
逆にこれ幸いでした。
だって、私の発言を聞くたびに「困った」顔するんですもの。
世の中、ブログを書く人がはびこりすぎて
ネットで変な情報を流す人が多いからだと思いました。
私は、あまりとても怒ったりーとかしない限り、
個人指して攻撃はしません(だと思う)。
第一、酔っ払っているっしょ?
そんなの誰だって、「単なる酔っ払いオヤジ」になりますって。
作家だって普通の人ですって。分かりますって。
いっちゃいました。
「こわがらなくていいですよ」

さて周囲を見渡しますと
なんだか体形的にごろごろとした体型の男性が多いように感じました。
帰って色々なHPを参照にしますと、
旅先で「めちゃめちゃ食べ続ける」ような感じっぽいです。
そして、関西弁の多く飛び交うこと。
20人ほどの集団だったのですが、
札幌在住はそのうち5人。
そして、札幌生まれの札幌在住は
ええっと、私だけでしたか???
札幌のよさは離れてみないと分からないものなのです。
そして、その都市に埋没している限りは
その土地の特徴に気づきづらいものなのです。
日本を1~2位を争う鉄道マニアさんとか
世界を飛び回る旅のライターさんの話とか
ちょっと耳を傾けただけですが
非常に面白く感じました。

でもですね、北海道以外に住んでらっしゃる方、
札幌・北海道が恋しいかもしれませんが、
そこにも「県民性」あって、
そのカルチャーの違いをしっかり楽しんでくださいませ。
「変」ってことは面白いことなのです。
札幌に住んでいる方、
札幌の面白いことを満喫しましょう。

私は来年は頑張って
札幌のよいところを発信するブロガーとして
地元市民として、取材して歩こう!
そう思いました。
札幌ガイドが出来るくらいに・・・(なるべくなら英語でもですね)。

長くなりましたが、
千石先生の本を読んでみてくださいね。
千歳空港や札幌駅にけっこう置いてあるそうですよ。
[PR]
by kanazuuu | 2007-12-04 23:49 | 一人ごと