ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

日曜は二本DVD

「ハッピーフィート」と「さくらん」をやっと見ました。
やっとかって感じ。

踊るペンギンが主人公。
皇帝ペンギンが歌うって設定がいい。
その中で一匹歌えずにステップふむペンギンが出てきてしまいます。
いわゆるペンギン界のオチこぼれです。→主人公です。
歌うペンギンもいいですし、
旅するペンギンもいい。
まるで「ロードオブザリング」のようなシーンあります。
まあ、ジェットコースタームービーなんだけど
ペンギンつるつるすべっていくのがかわいいですね。
崖から海に命をかけて飛び降りる時に
「アディオス!アミーゴース!!」
そう、スペイン語で叫んでいくのがいい!
ちょっとかっこつけるときに英語から何故かスペイン語になります!
かなりその時笑っちゃうう。
でも、必死に将来をかけて
ペンギン達が踊りだすシーンが圧巻で
実はぼろぼろ泣いていたのはここだけの秘密です・・・。
最後の何十分かは
悪役かが誰なのかがわかって
ちょっと現実に引き戻されるし、
それが安易(実際安易には解決できないのがわかっているので)な
エンティんグなのは納得はできないんだけど。

「さくらん」
マンガもってます。
それをうまく映像化しましたし、
雑然と入り組んだ物語をよく整理しました。
まず、映像の美しさが見ものですし
菅野美穂や木村佳乃の演技に感服ってところ。
いや、そこまでやるんだ・・・。
女優魂ってすごいです。
吉原って、明るいイメージがないのですが
実際はどうだったんでしょうね。
興味はあります。
「吉原手引き草」なんて小説ももっているのですが
言葉が難しくて読み進められません。
かなり複雑なシステムなんですよ、この世界。
映像に目を向けると
生けている花がすっごい美しいです。
着物がそして奇抜だけど悪くない。
そして金魚いっぱい。
こちらはね、物語のエンティングに納得がいきます。

花はうつくしいよ。
そして精一杯命を生きている作品二本なのでした。
[PR]
by kanazuuu | 2007-10-30 00:26 | 一人ごと