ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

道立図書館

初めて道立図書館に行ってまいりました。
実は利用できるかどうかって知りませんでした。
長いこと隣に通っていたのにね。
これは恥ずかしいかも。
一般の人も普通に利用できます。
そして司書さんもやさしいですよ。
一応、身分を証明するものが必要です。
念のため。

道立図書館は図書館の図書館だけではなく、
直接借りることができます。
ですから各市町村の図書館窓口から
道立図書館所蔵の本も借りることができます。

まあ、今回は
宮澤トシ子(宮沢賢治の妹)について
リサーチかけただけなんですが。
カウンターの司書さんに
お願いするだけで
10冊以上どさっと出てきて
借りる本を選択するだけで
(つい読んじゃったのですが)
3~4時間ほどかかりました。

何冊読んだか、分からないですし
斜め読みですし。

賢治とトシ子との関係は
想像以上に複雑でした。
「春と修羅」なり。
なんで、トシ子の死を何年経っても乗越えられない
賢治が居るのか不思議に思ってましたが
ちょっと理解が進んだ感じがします。

とりあえず、
道立図書館は良い点として言えるのは
近くの図書館より子供や学生が居ないのが助かります。
(わがままでごめんなさい)
集中できました。
もちろん、所蔵数は多いですよ・・・。

帰り道、ニュアージュさんでお茶。
私以外誰も居なかったので
ここでも本を読み続けたのですが
今月発売のポロコに掲載されるため
静かなのは20日までです。
ちょっと残念(←わがままです)。
ヨミガタリ、宮沢賢治やってくれないでしょうかね。

とりあえず、以上、今日はここまで。
[PR]
by kanazuuu | 2007-10-13 19:57 | 日記