ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

猫談義

本日は晴天であった。
よく日曜に晴れ渡ったものである。

しかし、こんな日に勤務であるし
案外寒い室内。
おまけに現金収入は200円で(コーヒー一杯のみ)
レストランに来店する人数もやる気のでない(失礼)
少ない人数で
モチベーションを高めるにはどうしていいのかわからなくなるのだった。
こんな日はぼちぼちスタッフで談話しているしかないのだった。

我が家はここの地に越してきて何日かしたら
なんだか自然にのら猫がやってきてしまった。
もう、約30年も前の話である。
気がつけば猫が居た。
そんな生活。
猫が子供を産み、またその子達が子供を産み・・・。
あっと言う間に猫屋敷になっていた。
それは近所の子供達にあっと言う間にうわさになり
小学生達が庭先にやたらと出入りする家になった。
役所や近所からも猫屋敷である我が家には苦情がぽつぽつ来た。
しかし、猫がにゃーんと鳴けば
餌を与えるなといわれても、そんなのは無理であった。
猫屋敷化は何十年と続いたのである。
ところが近年、猫に病気が流行り
あっと言う間に野良猫さんは一匹「おかあさん」だけになった。
もちろん多くの子猫のおかあさんだったから
呼び名はおかあさんなのだが
子供達はどこかへ行ったり
ほとんどの子供は病気に負けて
現在、庭には温かい日差しを求めて座っているおかあさんだけになった。
もう、子供は産めないだろう年齢である。
猫屋敷はほぼ数年後には終止符が打たれるであろう。

おかあさんは愛嬌がいい。
郵便物を配達する兄さんや
近所の小学生だった子が中学の制服を着ても
猫をなでていく。
おかあさんはきもちよくなでられている。

猫達とぼちぼち行く
そんな状況は全く悪くない。
家猫さんと野良猫さんと
コッカスパニエルのココと
毎日ばたばた暮らしていく。

そんな話をしていた。
のんびりした勤務であった。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-25 23:48 | 日記