ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

炸裂、紅マグロ

今日もパーティでありました。
それもパーティ終わってから食堂にやってくる研修員多数。
どうもちゃんと食べることが出来ないイベントなようです。
こちらとしては
ちゃんと食品提供しているんだから食べてほしいんだぜーー。
そんな気持ちでいっぱいです。
会場での挨拶は短めでどうぞ。
なんせ酔っ払って研修員が食堂にやってくるので
ちょっとわちゃわちゃ。
ピザを注文してトイレにいってくると言ったまま帰ってこない人が。
どこかで倒れているのかと思いましたよう。
オーダーストップ後に来る人とか。
対応には限界があります。

ちなみにピザを注文した方をフロントで探してもらって
(部屋に帰っていたのである)
ちゃんと食べてもらいました。
冷えてましたが。

さて、そんなこんながあった今日。
帰宅時、私の半壊れの愛車に残っている職員が乗り込んで
あるところまで美女満載(もちろん誇張)、でお送りするのですが、
いつもならFMラジオをかけている車内。
本日は谷山浩子のアルバム「テルーと猫とベートーベン」でした。
「あら、いい音楽ですねーー」
と若干お世辞気味のコメントをいただきましたので
特別な一曲をおかけしてお送りしました。
タイトルは「素晴らしき紅マグロの世界」。
漫画、ますむらひろし氏作の「アタゴオル」という作品に付けられた曲ですが、
ただ、突然聞くと
車内、一瞬騒然としてから、爆笑の渦が巻き起こります。
あまりこの曲を多人数で聴くということがないので
聞かせた本人が涙目になって笑いまくっておりました。
さすがに「ぴっちぴちーのぷーりぷりで♪」と
「紅マグロ~♪」を何回も聞くと
皆、脱力するようです。
私も実際、聞くとどんなことがあっても
どうでもよくなります。

この曲の生歌聞きたさに
まさか、仕事が入ったのに
「無理です、無理です、そんなこと無理です!」
と、ごねまして、コンサートに行ったのは
ここだけの話とさせていただきます。

この曲は是非、
脱力したい時に、猫の気持ちになってお聞き下さい。
[PR]
by kanazuuu | 2007-02-20 23:30 | 日記