ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

谷山浩子のコンサート

10歳の時から行っている
谷山浩子さんのコンサートがありました。
この日は仕事が入ってました。
ごめんなさいしました(すまぬ)

どうしても、
「すばらしき紅まぐろの世界」が
聞きたかったんです。
運よく聞けました。(万歳!)

谷山さん不調らしく
途中で止まったり
退席したりばたばたしてましたが
ちゃんとトークも楽しく(いつもより長め)
もう十何年通ってしまっているんで
年に一度の同窓会みたいなノリで
客席もわきあいあいで
笑いっぱなしの感動しっぱなしで
時間はあっと言う間に過ぎていきました。

「夜のブランコ」なる曲があります
うらぎり 嘘をついて 走ってきたの
夜のブランコで待ってる。
仕事をばっくれることが決まって
頭の中にはずーーっとこの歌が流れていたのでしたが
この曲も聴けました(万歳!)

すら少年(会場に年少の少年が居まして。呼び名が「すら」でした)
のリクエスト
「顔の駅」もたいした良かったと思います。
間違った駅ではなくちゃんとした本当の駅に行きたい
なる歌詞は
なんだか人生の模索に通じる気がします。

それぞれの歌に感想はあるのですが
私は浩子さんの様々な面が見ることができた
今回のコンサートは当たり!だった気がします。

最後にカメラで記念撮影(?)あり。
なんだかやっぱり
猫さんたちの集会のようでありました。
[PR]
by kanazuuu | 2006-12-10 00:36 | 音楽