ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

朝がまた来る

詳細は書けない。

誰が突然この世から居なくなるのはただならぬ衝撃だ。

落ち込み
その人が
死ぬとき
どんな感じで
どんな事を考えたか
ひたすら考えた。

もし、天国のその人と話せたら
「なんのためにオレが死んだと思ってる?だから頑張れや。」
なんて言うんじゃないか
そんな想像をした。

亡くなったことがわかった翌日、
ラジオからドリカムの「朝がまた来る」を聞いて
苦しいときは日常に流されるのがいいと感じて仕事にひたすら打ち込み、生活のリズムそのままに動いた。

私が出来ることを
出来る範囲で行えばいい

ただ、それだけなんだと思う。

また、明日が私には来る。

それは本当にラッキーだと思うのはこんな時だ。
[PR]
by kanazuuu | 2013-02-18 20:35 | 一人ごと