ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

たらちゅう (たらおさ)

c0090013_20475480.jpg


ある日 職場に↑がころがっていたわけ。

「たらちゅう」と書いてあり
稚内土産というお土産袋。
北海道の人が各地から集まっているものの
職場では知らない人ばかり。
干物系なら詳しいはず(酒飲みばかり)なのに
誰も知らない。
ぐぐっても出てこない。

「胃」らしいとは載っていたけど
それ以上の情報なし。

同僚が漁師さんの友人ありとの話で
実物持っていったら
判明しました。
大分 盆料理
「たらおさ」の煮物。
季節の食べ物でした。
おさ も ちゅう も
内臓のことを指すっぽいです。
えらとか骨とかばかりで
廃棄するべき部分を干して
大分では大切に食べたらしいです。
タラは北海道が漁獲量多いけど
南方では貴重なの魚よね。

ただ食べ方が大変。
2日間流水で戻してから
煮込み 醤油 砂糖 酒 ショウガで味をしっかりつけるそうです。
郷土食として日田市周辺で給食としても
出されるそう。
(たらちゅうを裂いたものにかぶりついたら
 干物だけでは味が全然しません。)

大分じゃメジャーかもしれませんが
タラがとれる北海道ではマイナー。
実は稚内まで電話をかけたら
「それはやっかいなものをもらったなー」
なまりたっぷりに同僚が言われたのでした。
(やっぱり水で戻して煮るんだよーと言われたのですが)
遠目からみたら
ドライフラワーかと思ったよ。

ググッて引っかかるようにしておきます。

詳しくは たらおさサイトまで検索してくださいね。
そちらが詳しいです。
[PR]
by kanazuuu | 2009-08-21 21:00 | 食べ物