ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

「山」と「町」

私が勤めている近辺のことを
苫小牧の人たちは「山」という。

で、栗山に行ったということも
「山に行ってきたので」
そう表現するので
なんとかヌプリに登山してきたのかと思いきや
小林酒造のお祭りに行ったことを
「山に行った」というのだった。

標高・・・低すぎませんか?

普通それは「森」なんじゃないかと思う。
苫小牧標準である。

それに相当する言葉が札幌にもある。
「町に行ってきた」
それは大通りから札幌駅近辺のことを町と言い
札幌の人は普通に使うんじゃないかと思う。
ちなみにススキノはススキノである。
札幌は30年前は大通り近辺以外は田舎だったのである。
思いっきりそれが残っているのであった。
私が住んでいる(実家ね)地域は
昔は畑や田んぼだった訳で
土地に価値なんて無いにも等しかったのである。
地下鉄だってそんなに伸びて居なかった時代
町中に行くのは
とても苦労した記憶がある。
今だって
「町に行って来る」は
普通に周囲に通じるのである。

「それはどうだろう?」
そう苫小牧の人に突っ込まれる訳であるが
どっちもどっちだと思う。
[PR]
by kanazuuu | 2009-04-21 21:25 | 札幌情報