ひみつの飴玉 平岸古本日記

kanazuuu.exblog.jp
ブログトップ

銀河鉄道の夜(読書会)

12月3日モンクールで読書会を行ないました。
夜7時から9時まで。
当日は平田オリザさんの講演や新さっぽろの青少年科学館でプラネタリウム祭りがあったり、年末の忘年会があってかお客様は3名(一人は松本直人さんで企画の打ち合わせ兼ねて来て頂きました。)おおっと読書会は成立するのか?


夫が宮沢賢治の年表を用意してました。
「銀河鉄道の夜」は初稿から第四稿まで見つかっているのですが、決定稿が無い作品です。
一般的に妹のトシが亡くなったことにより天上の道を描く旅といわれており、そちらについては間違いないかと思います。
一稿は妹のトシが自分の好きな鉄道に乗り、きらきらとした星夜を巡り天国へ召される姿を思い描くことにより、自分に対する癒しを物語にしていたのだろうと思えます。
三稿目は説明的な言い回しをする博士が「幸せの道」とはと説くシーンがあるのですが、賢治自身が教師生活を送っていることに影響を受けて、物語を通して教え子にたいする教育者としての部分があるようです。
四稿になりますと賢治自身がどんどん体調不良に陥り自分自身の死が近づいているのでもしかしたら、自分のこの先の道を想像しながら書いたのかなと思え、三稿の説明的な言い回しが削られています。
近年の「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治を研究する学者たちにより「決定稿」みたいなものが確立されているらしく、説明的は部分はいらないとされてます。
幸せは誰かに道しるべになり導いてもらうものではなく、自分で決めて一人で行くのだ。という「春と修羅」にもあるように「おれはひとりの修羅なのだ」と幸せを自分に作りにいくのが正しい解釈かと思えます。
賢治は「地学」に強い学者でした。
夜な夜な一人で天体を観測し、データを残しています。
田舎の岩手・花巻では変人扱いされました。
賢治はそれでも物語を作り、天空や山々、大地やそこを駆け回る動物たち、川の下から水面を想像し、「クラムボン」なんて言葉をつけて感覚的な表現もしました。
詩は詩といわず「心象スケッチ」とオリジナルな言葉とリズムを結びつけ、苦しみながらも楽しんで書いているみたいです。

母の牛乳を取りに行く寄り道から銀河鉄道に乗り、
温かい牛乳を受け取っている時には友と永遠の別れをしている。
銀河は牛乳のような星の光の集まりであり
空には天の川が輝き続けている。

親族の死を経験すると数年は薄ぼんやりとした世界に取り残された気持になって
後悔ばかりしています。
どんなにも尽くしても何かできることはまだまだあったのではないか。
身動きできずに立ち尽くし、見える景色は車窓の景色のようで手を伸ばしたくてもそんな動きのできないほど早く流れゆく時間はまるで鉄道に乗っているような気分になるのです。

何も出来なかったと思うからこそ
美しい世界にいてほしいと願うことしかできない。

悲しい物語ではありますが
様々な人の世界に天上の世界は伝わって行きます。

読む年代によっても読み方は異なってくるので
もう一度、物語を読んであなたも銀河鉄道に乗車してみませんか?

宮沢賢治の亡くなった年を超えて生きてみると
また味わい深いものがあります。

少ない人数でしたが
とても楽しい時間を過ごせました。

また、来年モンクールで読書会を開く予定です。

[PR]
# by kanazuuu | 2016-12-05 21:52 |

春が来た。

あまりブログを書かなくなったのは、やはりつぶやき過ぎなんでしょうか?

フェイスブックとか疲れるし、なかなかパソコン使わずにスマートフォンつかっちゃうし、ブログしないですよね。

詩とパンのお店モンクールで「ヨミガタリ」に参加したり
松本直人さんにつられて
札幌演劇シーズン
「ユー・キャント・ハリー・ラブ!」を見に行ったりこの冬はしました。

古本屋の奥でぐずぐず本を読んだりしている以外は
働いていたり、スポーツジムで運動したり、
どちらかといえば動き回ってます!!

本は現在「三浦しをん」さんにはまって読んでます。

古本屋は静かに改良をしつつ
清掃作業を進めてます。

スポーツも昨年より3センチアップ(笑)ぐらいな気持でやってます。

仕事も具体的に進める方向を決めて動いてます。

まっつについてヨミガタリも勉強する予定。

ちょっとだけ背伸びして届くくらいの成長できたらいいな。

では、どこかでお会いできたらいいですね。

[PR]
# by kanazuuu | 2016-04-24 21:38 | 日記

ブックマルシェ

チカホで古本市も根付いてきた感があります。
新刊本もいいけど、
昔の本も面白いし、安くていいですよ。

古本市に出店しているお店は
店舗をもっている方、
ネットだけの販売の方、
雑貨の取り扱いが多い方、
様々なので、
チカホで本の販売をしていたら覗いて下さいませ。
やはり、特別面白くて散財間違いなしです。
トロニカさんで、まずは「◯◯からの手紙」を一枚購入するのがオススメ。
プレゼントにも良いみたい。
毎回トロニカさんで扱っているみたいなので。(150円税抜き)

古本浪漫堂の奥にいる人(あまり居ないけどね。)としては、
ブックマルシェに毎回出てないから平岸にも来てよねって感じです。
オススメも気が合った本から連れて行って下さいってくらい。

GoogleMAPも頑張って載せたのだからさあ。

お花も植えて、お待ちしております。
c0090013_12553218.jpg


c0090013_12553498.jpg

[PR]
# by kanazuuu | 2014-06-08 12:42

ブックマルシェ Vol 8

c0090013_2047729.png


宣伝でございます。

チカホで古本市が2団体で行われておりますが
一つを「ブックマルシェ」といいます。
もう一つは「ブキニスト」なんですけどね。
ブックマルシェにお呼ばれしましたので
参加します。

私はほとんどいませんが、
5月31日から6月2日の3日間
出店してます。

その間、平岸の古本浪漫堂はお休みです。
私は日曜以外は普通に出勤ですよ、
会社員ですので。
品揃え的には店主の好み。
児童書やミステリ、一部私のネコセレクトが並ぶと思いますが、
新刊本ではありませんが売り切れごめんでございます。

以後私信

今年の健康診断も終わりまして
スポーツジムに熱心に通うのも一段落。
なんかやりすぎて膝や腰が痛いのは
・・・・・駄目ですね。
今日は一休みしてしまいましたー。

そのうちその内容もアップしたいと思います。
[PR]
# by kanazuuu | 2014-05-21 21:01 | 札幌情報

夫婦茶碗

c0090013_180346.jpg
チカホ


何年も前に大通り公園で湯のみを一つ購入しました。

気に入って使っておりまして、
茶渋もついていい感じになってきてます。

そんなに高価な物ではなく、
当時で1000円くらい。

白磁に植物の模様は
北海道向きな焼き物のような気がします。

一人暮らしから二人暮らしになりまして、
食器がばらばらなのを整えるのに
100均や無印を使用したりしてましたが
お気に入りのそんなに高価じゃないけど
なかなか手に入りにくい揃えづらい食器が出てきてしまって
ゆっくりまた揃えにしようかと思ってました。

その一つが湯のみでした。
お茶を飲むにはマグカップで十分ですが
まあ、地下歩行空間の「北から暮らしの工芸祭」で出会ってしまったんですよね。

陶工房「晴」http://toukihare.blog102.fc2.com/
個人の出展なので
出会ったのがチョーラッキー!

新しく購入したのが
サイズが大きくうずまきが鋭利な感じで雄雄しい。
時代が変わって
作風がちょっと違うのが面白いです。

夫もこの湯のみが気に入っていたので喜んでました。

器って、なんでも鑑定団みたいに高価な物がよしとされる風潮がありますが、
日常使いやすいのが一番だと思います。
(一番思考錯誤する所ですが。)
北海道の焼き物は白磁が多いので
料理とは合わせやすく
個人の工房も沢山あるので
沢山見て、どんな料理に合うのか想像しながら
購入するのが良いと思いますよ。

柄が主張し過ぎてもなかなか難しくなりますがら、
まず、ベージュや白の器から集めると苦労しません。

今回は「晴」さんと偶然お会いして
短時間しか作品を見ることができませんでしたが
また、じっくり器が見たいものです。
[PR]
# by kanazuuu | 2014-04-09 17:59 | 一人ごと

新年あけました。

c0090013_1912447.jpg

あけましておめでとうございます。
なんだかわからないうちに時間が過ぎて
各方面にご挨拶できない状態が続いております。
失礼しております。

さて、年が明けて
近所にスポーツジムがあるものですから
膝の痛みの改善のために
通っているのでございます。
持久力も不足しておりますので改善目標です。

ストレッチの器具で30セット5種類
バイクこぎ25分
筋トレ何種類か。

ををを。

なんと言うことでしょう。
運動に縁のない私としたことが。
なんとか慣れつつあるみたいで
筋トレなど形になってきているみたいです。

遠くに勤務先があるものですがら
通勤の自動車運転が膝の痛みを誘うのです。

「年だなあ。」
わし、若くないねん。
がんばるオバちゃんは
エアロビやヨガにも挑戦しているのでございます。
続けるのでございますよ。
けっこう楽しく
エアロビ(この言葉衝撃的ですかね?)してます。

堀江貴文さん(ホリエモン)がラジオで
「なにか一つでもいいいつもの習慣を変えるのだ。」
なんて、言ってましたが
ちょっと未来は明るくなるでしょうか?
後、「未来に失望したり、暗く思うことはない。10年後の未来など予測がつくものではない。」
などどおっしゃってましたが、
確かに私も
思っていた未来とは全く異なる着地点にワンステップ
来たようです。

10年後、明るい未来が皆様に訪れますよう、
お祈りしながら
私たちも努力の日々となります。

新しいループに入りながら
ぐるぐる回ることには変わらない新年。

画像はアダノンキさんに
記念日をお祝いしてもらった花束。
[PR]
# by kanazuuu | 2014-01-12 19:00 | 一人ごと

きっと中年。

ぱっと見た目は若い私です(笑)

しかし、アレルギー体質がここのところ凄まじく悪化してきていて
「そば」「長芋」「メロン」が完璧に食べることが出来なくなりました。
アレルギーの薬が年中欠かせなく
薬を飲んでいても
たまに「バナナ」「キウイ」なんかにも蕁麻疹反応がでるようになりました。

ブヨにさされて
もちろん腫れ上がりそうになり
強い薬で押さえ込んだのですが
別な菌にやられそうになったり
なんだか四苦八苦というところ。
食事もかなり「除去」で乗り切ってますが
気を使いながら食べることが多いです。

話は変わるのですが
ブログの更新などもなんだか思うようには出来なくなり
若いころとは違い
書きたいことがぱっと思い浮かびません。
このことも
「年を取ったのかなあ。」
なんて感じたりいたします。
心底「才能の無さ」を痛感したからというのもあるのですが
それ以上に思い浮かばない。
パッションってヤツが居なくなっているのかなあ。

中途半端でもまだ書いていた
あのころが懐かしくも感じます。

だから、日々楽しく生きていないのか?
というとそうでもなく
笑いながら仕事をしたり
遠くへ遊びに行ったり
忙しく過ごしてます。

楽しく生きることより
生きていることの楽しさに気がつきます。

そうそう、「宇宙兄弟」とか「宇宙戦艦ヤマト」とか
テレビ楽しく見てます。
相変わらずな日々なので
書くことが無いのかもしれません。

ではまた。
[PR]
# by kanazuuu | 2013-07-24 20:11 | 一人ごと

貧乏暇あり アンド 札幌古書組合八十年史

古本屋さんの本である。
どちらとも。

「貧乏暇あり」須賀章雅氏の
古本屋日記なのですが、
読んでいる間、楽しくて布団にもぐりこむ時間(私が本を読む場所)が
一日の中で最高のヒトトキになってました。
きっと独特の言い回しに酔わされる部分あり。
大丈夫なのか?そうでないのか?
はらはらしながら読み続け
「本に振り回される人生ってなんなのだろう?」と思いながらも
私もそうとう本を中心に回っているので
他人のこととは思えず、
奥様の料理の上手さを褒め
うどんと納豆の日々に疑問を抱いたのでありました。

くすみ書房で須賀さんのトーク夜話があったのですが
私、出向いたものの、夜は弱くて、朦朧としてました。

「札幌古書組合八十年史」
何を買っているんじゃあ~~!
ってお思いになるかもしれませんが、
女子高生(おおっはるか昔じゃ!)時代から古本屋を回っていたので
そーだ、そーだ、あそこら辺に本屋さんあったねええ。
なんて思いふけりながら読んでました。
さっぽろの古書店ガイドマップなんかを頼りに巡ったなあ。
学校が早く終わったら、その足でふらふらと4件くらい歩いて
帰宅したものでした。
当時の古本屋さんの店内の淡く白く降り注ぐ光を思い出しました。
このマップから行くと
「須賀屋」「弘南堂」「薫風書林」「サッポロ堂」は入っていることになります。
南郷の「文教堂」とか。

この本にも須賀さんが文章を寄せてらっしゃるのですが、
「(その古本屋さんの店主は)プロレスファンだった。」とか
寄せ鍋の値段、弁当はどこぞのもの
缶ビール、缶ジュース付だったが、
どんどん無くなってしまう方向に、
など、古本とはあまり関係のない部分に食いついてしまう
私だったのでありました。

組合の写真が載っていて
研修旅行で「弁当食べている」とか
東京での集合写真
なんだかシュールで食い入るように見つめてしまいます。

後半は座談会になっていて
私の知っている古書店主が出てきて
知っているだけに笑える・・・いや、
なるほどと思え、400ページなど
あっさり読めてしまうのでありました。

札幌市内古書組合加盟店で購入できます。
ブックセンターいとうさんところで見ましたよ
二冊とも。

新書のお店
古書のお店
どちらも個人店よろすく。
[PR]
# by kanazuuu | 2013-06-22 19:59 |

川原泉の本棚

毎日と言わないまでも
本をぼそぼそ読み続けていて
寝所の周囲がおかしな様相を呈しているのですが
(夜にトイレに行くとき必ず本に躓きますが。)
改善の兆し無く悪化の一方なので
たまに実家に持って帰ったりして
篭城にならぬよう気をつけていたり。
外堀建築中くらいの感じな自分の部屋です。

ブログのネタなんてないよねえ、
なんて中年になってしまうと書くネタも枯渇するのかしらと思いつつ
日記程度で本のことでも更新しようかということで。

「川原泉の本棚」の感想を上げたりします。

川原泉 漫画家のおススメ本アンソロジー。

川原泉さんってセイシュン時代良く読みました。
「メイプル戦記」とか「笑う大天使」
「ゲートボール殺人事件」「銀のロマンティック・・・わはは」
うーん、色々読んだなあ。
「花とゆめ」雑誌は購入してないけども
川原泉は単行本で買っている、不思議。

川原泉の本棚 2まで出ているようです。

1しか読んでませんが
川原選らしいっ!
アイザック・アシモフに清水義範
「おはよう寄生虫さん」に「ヘリコプターの飛ばし方」。
かんべむさしも良かったけど
「ヤマナシの実(日本の童話)」もねっ!!

一番、インパクト強いのが
童話だからかもしれませんが
「ヤマナシの実」。
病気のおかあさんにヤマナシの実を食べさせるべく
姉妹が取った行動は
山の中に住むお嫁さんの言うことを聞き続けることだった。
お嫁さんの言うことを聞かない娘は怖い目に合うのです。

清水義範さんの小説もブックオフで購入してしまいました。
105円で今じゃ清水さんの本が購入できます。

川原泉さんは東京で漫画家として活動されていたけど
今は故郷鹿児島に帰られていて
「魚河岸揚げ」もなかなか手に入らない様子がwikiから読み取れます。
「はみだしっこ」を書いていた、三原順さんと交流があったようで
三原順さんについて書かれた解説も書いています。
三原さんは病気で42歳で亡くなられているのですが
川原さんは取材のために乗ったメリーゴーランドで
笑顔の三原さんを見たのが最後だったそうです。

そんな私も後数ヶ月で42才になり
宮沢賢治が死んだ年も超え
三原順さんが亡くなった年も超え
呆然としながら
年を重ねて行くのでしょう。

年末から様々な人と別れてきた私でありますが
もうそろそろ、そんなことから
開放されたいものです。

川原泉さんとしばらくぶりに再会を果たして
ほっと一息。
[PR]
# by kanazuuu | 2013-05-31 20:25 |

おひさしぶりーいねえ♪

テザリング環境からインターネットです。
要するに
携帯電話から無線ランでパソコンにつなげているので
パソコンでブログはお久しぶりで興奮しちゃうわ、もうって感じで。

わーい、キーボードから文字打ち込めるのって素敵~~。

大きい容量のことはできませんが
ブログくらいはアップできます。うふ。

気分はマックに戻ったぜ(ハート)

今年も三笠からこのブログをひさしぶりにお送りできます。

人口1万人をきりましたが
住民はパワフルで好きですこの町。

山崎ワインも美味しいよ。

空知4年目に突入いたします。

もう、感覚は田舎者なのですが
住民票は札幌なのです。
父母お世話になっているので(ごめんね)
移せません。
いつまた転勤になるかわかりませんし。

やや、しばらく
空知からのリポートお楽しみくださいませませ~。
[PR]
# by kanazuuu | 2013-04-10 19:16 | 一人ごと